占いツクール
検索窓
今日:12 hit、昨日:11 hit、合計:25,678 hit

四六 “〃 (4)” ページ4

「エリスちゃん、お願いだよ。ちょこっとで善いから、ね?」




彼此五分経った今でもずっと首領は空色の(フリル)のドレスを手に、エリス嬢に頼み込んでいた
流石に徐々助け舟を出そうかと思った処でエリス嬢が机にバンッと手をついた




「リンタロウ、執拗い!」


「だって絶対このドレス似合うと思うのだよ、ね?A君もそう思うだろう?」


『ええ、勿論』




ここで拒否すれば私の頸は今頃身体とおさらばしていたと思う
単純に見てみたい気持ちもあるが、何より首領の威圧が凄い


エリス嬢は、むーっ、と頬を膨らませて此方をジロリと睨んでいた
済みません、エリス嬢。流石に今後の為にも私は命の方をとります




「判ったわ」


「本当かい、エリスちゃん!」


「でも、Aも一緒にお着替えしなきゃ、それは着ないわ」


「大丈夫だよ、エリスちゃん。ちゃあんとA君の分も用意してあるからね…ほら!」




満面の笑みを浮かべた首領の手には黒を基調とした襞のドレスがあった(確か前に葬儀屋がゴスロリ?と云っていたドレスに似ている)
…之は思わぬ巻き添えを食らったかも知れない
否、食らった、確実に食らった。而も超特大級のものを


二十歳過ぎの高身長寄りの女が之を着ろと…?
自身が着た所を想像(イメージ)してみたが気持ち悪い以外の答えは無かった
段々と自然な笑みから引き攣った笑みに変わり、再度胃がキリキリと悲鳴をあげ始めた


今 直 ぐ 逃 げ 出 し た い




『そう云えば太宰さんに呼ばれて…』


「彼なら広津さんと一緒に買い出しに行かせたよ」


『あ、間違えました。確か紅葉さんに…』


「紅葉君は任務が少し延期すると先刻連絡を受けたからね、心配要らない」


『…っ、中也さんに!』


「中也君なら今頃疲れきって眠っていると思うのだがね?」




逃げ道が無い
完璧と云える程、逃げ道が全く無い
じりじりとドレスを持ったまま近付いて来る首領から逃げたいのは山々だが、膝上にエリス嬢を乗せている為に動けない


そして遂に私が何も云えなくなる言葉を首領は告げた




「之は首領命令だよ、A君。この服を着てくれるね?」


『……了解、致し…ました』




結局敗けた
膝上のエリス嬢は嬉しそうな表情で此方を見ている
若しや嵌められた?最初から首領とエリス嬢は共犯(グル)だったのでは??
否、それは無いか



受け入れるしかない私は溜息をグッと堪えて首領から渡されたドレスを手に隣室へと向かった

四七 “〃 (5)”→←四五 “〃 (3)”



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (61 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
241人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , トリップ?転生?? , 原作アニメごちゃ混ぜ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

黒龍(プロフ) - りーこさん» 有難う御座います!頑張って続き書いていきますね (6月24日 12時) (レス) id: 9b97ad947e (このIDを非表示/違反報告)
りーこ - 続きが楽しみです (6月24日 6時) (レス) id: 140e75a81a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:黒龍 | 作成日時:2019年6月21日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。