占いツクール
検索窓
今日:21 hit、昨日:17 hit、合計:25,870 hit

発覚 ページ34

僕は兄さんたちに、姉さんから聞いたことを話した。

兄さんたちは、泣きながら、動かなくなった姉さんに謝ってた。

そのあと、なんとか脱出して、僕達は家に帰った。

静かだった。

姉さんのお葬式の顔は、とても笑顔だった。

みんな泣いてた。

もし生まれ変われたら、みんなで遊びたいね。



あ「イヤッッホォォォオオォオウ!!みんなのアイドル、Aちゃんの登場だぞ☆」

化け狐の彼が振り向く。

お「いや、アイドルはもっと可愛いだろw」
あ「ちょwwwwひどくね?」
お「冗談www」

天狗の彼が言う。

カ「俺らはお前のことが…大好き、だぜ?カラ松girl」
あ「あーイタタタタ!嬉しいけどいたい!」
カ「痛いってなんだ?」←

猫又の彼が不気味に笑う。

一「やっぱA最高…。興奮する」
あ「気持ちわりーんだよ、死ね…これでいいの?」
一「ヒヒッ、ありがとうございます」

ろくろ首の彼が首を伸ばしながら言う。

十「やきうする!?」
あ「いや、野球は遠慮しとくぞ十四松よ」
十「じゃあまた今度しよーね!」

雪女(雪男)の彼が笑顔で言う。

ト「今日は何するー?」
あ「なんだいヘソフェチ変態トッティ」
ト「やめて!」←氷漬けになった。

百々目鬼の彼が呆れたように言う。

チ「Aって巫女で、俺たち退治するのが仕事でしょ?」
あ「うーん。そうだけどさー」
チ「まあ、僕達としては退治されないに越したことはないけど」

おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松。

私の大事な親友。

前世の私へ。

今、私たちはとっても…。







幸せだよ。

あとがき→←遺書



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (50 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
41人がお気に入り
設定キーワード:おそ松さん , 唯那
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

唯那(プロフ) - ナノンさん» 読んでいただきありがとうございます!ほんとに東郷はひどいやつですよね(;´Д`)お姉ちゃんは私もかっこいいと思います!最後幸せに出来てよかったです(●´ω`●) (6月17日 6時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)
ナノン - 東郷マジ屑すぎます。何なの?姉ちゃんカッコイイですね、嫌われていても最期の最期まで弟達を助けてた。涙が止まらない、、、助けてもらったり、助けたりする事は大事ですね。 (6月17日 1時) (レス) id: d94c8b6876 (このIDを非表示/違反報告)
唯那(プロフ) - 見てくれたんすか!?本当に嬉しいです!!私は天才じゃないっすよ!!馬鹿です、馬鹿(笑) (4月22日 22時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)
やえ松 - 返信遅くなって本当に申し訳ない!偽りの愛カラ松…見ましたよ!やっぱり唯那様は天才です! (4月22日 22時) (レス) id: 72e6889e95 (このIDを非表示/違反報告)
唯那(プロフ) - やえ松さん» てててっ天才だとぉ!?そんなおこがましい…(>_<)弟さん…やえ松さんを殴らないでっ(´ω`)もしよかっら【騙し合いの果て、偽りの愛[カラ松]】もよろしくお願いしま((ry (3月13日 22時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:唯那 | 作成日時:2017年1月14日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。