占いツクール
検索窓
今日:17 hit、昨日:3 hit、合計:44,652 hit

逆襲 ページ25

私が一人で考え事していると。

ト「ねえ、なにニヤニヤしてんの?気持ち悪っ」
あ「アッハーン(ゲス顔)いや、ちょっとね」
ト「あ、そ」

いやいやいや。自分から聞いといてその対応は酷くない!?このドライモンスターめ!

と、心の中で悪態をつきながら、私は家を出た。

そして、路地裏(一松はいないよ)。

男達が高校生をボコボコにしてた。

私は笑顔になる。

あ「ねえお兄さんたち♪」

彼らは私の声に気づいて振り返る。

オ「あ゙あ゙ん?なんでてめえ」

私は笑顔を保ったまま、こう言った。

あ「私、お兄さんたちと遊びたいんだよね。…イイコトして♥」

私の言葉に、彼らの顔が変わる。男子生徒を放り投げて、私の方に近づいてくる。

オ「お姉ちゃん…いいカラダしてんじゃん。いいぜ、たっぷり可愛がってやるよ(黒笑)」

彼らが私の胸に手を伸ばす。

あ「ホント!?私、とぉーっても、嬉しい…なっ!!」

私はリーダーらしき彼の股間を思いっきり蹴り上げた。

彼の顔が苦痛に歪む。あー…すっごい痛いんだろうなぁ、と思いながら私はそれを見ていた。

オ「…っ!やれ!あの女を捕まえろ!捕まえて、俺たちで楽しもうぜェ!」

よくもまあ、そんな大口を叩けたことで。

私を掴もうとする奴らの腕をするりとかわし、私は確実に一人ずつ倒していった。

…全部で五十人ぐらいいたんだけど、あと十人ぐらいになっちゃった☆

オ「お前…何者だ!?」

私はまだ痛そうに大事な所を守ろうとしてる彼の顎を持った。顎クイだね!!

あ「松野A。昔あんた達にいじめられて転校した六つ子の姉。忘れるわけないよねぇ?」

彼の顔が恐怖の色に変わる。

オ「お前は…!」

私は秒の速さで他の奴らを倒す。

彼はなんでもするから助けてくれ、と言ってきた。

あ「うーんとね〜。じゃあ…大人しく殴られてね☆」

路地裏に男の叫びが響き渡ったという。

無残な顔になった彼を見下すようにして言った。

あ「あんたのせいで私の人生はメチャクチャになったの。これくらいで勘弁してあげるから、感謝しなさいよ」

彼女と対談→←和解



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (67 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
59人がお気に入り
設定キーワード:おそ松さん , 唯那
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

唯那(プロフ) - 333さん» どうもご指摘ありがとう^^*不愉快かぁ…。じゃあリクエストで作ってる続きが終わったら消すって約束するよ。さすがに読者様のリクエストを途中で放棄するわけにはいかないからね (3月20日 17時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)
333 - 原作のキャラを悪くする物多いよね〜作品履歴見たけどさ、やめてくれない?不愉快極まりないんですけど(笑) (3月20日 9時) (レス) id: d387413441 (このIDを非表示/違反報告)
唯那(プロフ) - 神城靈夢さん» めっちゃ照れちゃいますヽ(*´∀`)ノ (3月4日 21時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)
神城靈夢(プロフ) - 唯那さん» リクエストまだ途中だけど書いてくれた〜神だぁぁぁぁ←神だぁぁぁぁ以外言えん神以外の何でもない! (3月4日 19時) (レス) id: b49d880b95 (このIDを非表示/違反報告)
唯那(プロフ) - 神城靈夢さん» (´∀`*)ウフフ (3月4日 19時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:唯那 | 作成日時:2017年1月14日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。