占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:25 hit、合計:436 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]

彼と私は、似ている気がした。

子供のことを思ってのことだっただろう。
だから厳しくした。

だけどそれは、子供を歪ませるだけだった。

彼と私の違うところは、それでも親を愛していたかどうか。

私は親を恨んでしまった。
だから、この手にかけてしまった。

…だけど、そんなこと言えるはずもなくて。


「もうやめなさい。こんなことをしても無駄だわ。
こんなことを続けても…貴方が孤独になるだけよ。」


リドル「そんなこと関係ない!
だって、お母様はいつだって正しいんだ!!」


「そう…。私からの忠告は届かないのね。
なら仕方ない…グリム!」


グリム「ふなっ!?」


「また二人で力を合わせて、彼を止めるわよ!」


___________________


ツイステッドワンダーランドと希望少女の続編です!

1はこちら↓
ツイステッドワンダーランドと希望少女


良ければ評価、お気に入り登録、コメント、いいねお願いします!執筆状態:連載中

シリーズの最初から読む








おもしろ度の評価
  • Currently 7.00/10

点数: 7.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雪月 葵 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/862c35d2fa3/  
作成日時:2022年8月4日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。