占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:20 hit、合計:60,292 hit

45 ページ49

レイ「わかった?…じゃあ、これ解いてみて?」




荒北「ン。」




荒北が問題を解いている間、レイは窓の外を眺めていた。ガラス越しには楽しそうに電話をする東堂の姿が見える。その姿を、切なそうな顔で彼女は見ていた。




荒北「レイチャン?」




レイ「…。」




呼びかけても返事がない。よっぽど東堂のことが気になるのだろう。




荒北「なァ、…レイちゃぁん?」




レイ「!…あ、ごめん。何?」




やっと気がついた彼女は、瞬きをしてから解き終えられた問題に目を通す。
見た感じだと考え方とかも合っている。




レイ「はい、全部あってる。またわかんなくなったらなんでも聞いてね。」




荒北「なんでもか?」




そう言った荒北の目はなんだか真剣だった。
レイはよっぽど今回のテストで良い点を取りたいのかな、なんて呑気なことを考えていた。




レイ「うん?私が答えられる範囲内ならね。」




荒北「じゃー、…おめーにとって東堂ってなに?」




さっきまで英語のテキストに目を向けていたのにゆっくりと顔を上げ、荒北の目を見つめる。
レイは焦ることも恥じることもなく、いつもの無表情のままだ。




レイ「尽八は、ただの仲良い幼馴染。」




冷静にそう言い、またペンを走らせる。何事もなかったかのように。
しかし荒北はまだ話を終わらせてくれそうにはない。そもそも何故こんなことを聞いてくるのか、レイは疑問に思った。




荒北「ほんとにィ?」




レイ「本当。尽八に聞いてもそう答えるよ、きっと。」




今度は彼の方に目も向けず、問題を解きながら答えた。ちょっと怒ったな?なんて思いながらも荒北は話を続ける。




荒北「…もし東堂がおめーのことを好きな子って答えたらどーするゥ?」




レイ「どーするって…そんなの、」




手は止めたが荒北の方は見ず、下を向いたままなので表情が全く見えない。まぁ見えていてもきっと無表情だから、何を考えているか分からないだろうけど。




東堂「聞いてくれ荒北!今度巻ちゃんがな!…どうしたのだ2人共。」




バットタイミング。レイの気持ちが聞けると思っていたのに東堂が戻ってきてしまった。
まだ巻島と電話しとけよ、と言おうとしたがダルいのでやめにした。




そしてぎこちないまま勉強会は幕を閉じ、テスト期間を迎えるのだった。

★続編★→←44



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
72人がお気に入り
設定キーワード:弱虫ペダル , 東堂尽八 , 荒北靖友   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もち米太郎(プロフ) - しおらんさん» コメントありがとうございます!!東堂めっちゃ好きで勢いで作っちゃいました笑行き当たりばったりの思いつきの話なので本当文才ないですけど今後も頑張りますんで今後もよろしくお願いします! (2018年9月11日 6時) (レス) id: 498205eb8a (このIDを非表示/違反報告)
しおらん(プロフ) - 凄く面白いです!荒北も好きだけど東堂かっこいいです!早くくっついてほしい!これからハラハラしそうな予感ですが続き楽しみです!頑張って下さい! (2018年9月10日 13時) (レス) id: 097333551a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もち米 | 作成日時:2018年8月13日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。