検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:2,682 hit
「こんなのおかしいよっ」

「そんなこと誰も望んじゃいねぇ!」

「なんでそんなことになっちゃったん」




『先生、私なにかおかしなことしましたか?』









「いいえ、キミは何もおかしな事はしてませんよお
自信を持ってください。僕が保証しますから」

ーーーーーーーーーー

仕事中の虚妄から軽率に作り上げました。
更新激遅人間です。

10年ぶりのポケモン、だいぶにわかです。

こんなのジニア先生じゃない!
など様々な解釈違いなどあるかもしれません。
題名通り歪んでる人達書こうかと思います。
完結は暗い?重い?不穏?かも知れません。
もしかしたら少し胸糞かも?

結末もほぼ考えていない作品です。
ストーリー攻略後のお話になりますので
ほんの少しネタバレが含まれるかもしれません。
ほんのり病んのようなメンのような先生になるかも。
嫌な予感がする人、少し読んでみて違うなってなった方は
ブラウザバック急いで!!!()

リクエストなどございましたらこちらに↓
【Twitter】@Switch_UoxoU執筆状態:更新停止中

設定を行う場合はこちらをクリック





test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.92/10

点数: 9.9/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
25人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:秘菜 | 作成日時:2022年12月16日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。