占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:1 hit、合計:20,329 hit

七十七話…? ページ32

出番は相手の人、ラップを凍籠咲に食らわすも
鼻で笑い「こんなもんかよ」と呟いた

相手のもう一人が今度は真田さんへと言葉を向けた

真田さんも効いてる様子はなく、真顔で見つめている



…さぁ僕らの出番だ



凍「はいはい、ずくのないテメェらの浮くような
言葉のライフライン。全然響きもしない発生練習?
舐めてる?俺らこそが信濃、お前ら所詮雑魚を俺らが潰してやる当然完勝を!!」


言葉が鋭い刃となって相手に降り注ぐ
ダメージを喰らう相手に追い討ちをかけるように
真田さんが鞘から刀を抜き、構えた


真「早すぎだろ?この大会の優勝者!
どうだこの急降下!!お前らは地にひれ伏し、
人間不信になったらわりぃなぁ?

さぁ、堕ちな。雑魚共」

強めの言葉がより強い威力を発揮する
これで二人やられたものの、平然と立ち続ける




『…お先にどーぞ?登山ボーイ』

そう言って手で挑発をするとニコッと微笑んで
マイクを起動させた


…今までの試合を覆すような目つきになった



そんな姿にゾッとする


登「Heyそこらの寄せ集めが
ご迷惑系野郎共飼い慣らしておけよBlossom
飼い犬の躾けもなってねぇこのまま死ぬ運命?

俺らは頂点へ向かう言わば登山ラッパー!!」


凍「グッ…」



人格が変わったかのように言葉が刃へと変わった
凍籠咲が少し冷や汗をかき、拳を強く握った

真田さんも少し焦りを持ったのか固まってしまった




流れを変えなければ





『気安く名前を呼ぶんじゃねぇ』


スッとラップとも言い難いセリフが口から溢れた


そして足でリズムをとりマイクを口に近づけて
視線を送った



『何を思って言ったんだ、所詮お前ら
代表にすら選ばれなかった哀傷歌。

お前らが頂点?Icy moonは氷衛星、宇宙(そら)
地に咲き誇る花こそこの俺Blossom!!
歴史を変えた侍Soul、俺らが揃って長野代表

山登ってるだけのお前らとは違うんだ理解しろよ?』



登「…ッ」


負けるつもりはない
そんな意味を込めて仲間を目覚めさせる

二人が再び笑みを浮かべてマイクを構える



凍籠咲が僕の肩を抱き寄せた


凍「わり、気ぃ抜いてたわ」

『凍籠咲らしくないじゃん、ちゃんとしてよ』

凍「おう」


手根に口を近づけてラップを始める

じわりじわりと染み入る悪意は流石の先輩の精神も
侵していく

そこで時間切れ


観客による歓声と拍手に包まれた


『先輩、ありがとう』

登「完敗だよ〜、こちらこそありがとうね」

七十八話…?→←七十六話…?



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (44 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
148人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

砂漠*(プロフ) - 櫂羅(書き手だぁぁぁぁぁぁl)さん» ありがとうございます!これからも頑張らせていただきます! (12月19日 14時) (レス) id: a242cd1797 (このIDを非表示/違反報告)
櫂羅(書き手だぁぁぁぁぁぁl) - 初コメです。お話面白すぎです!これからも応援してます! (12月19日 14時) (レス) id: 92c98fb809 (このIDを非表示/違反報告)
砂漠*(プロフ) - 律さん» ありがとうございます!グダグダと続くかもしれませんが見てもらえると嬉しいです! (12月2日 6時) (レス) id: a242cd1797 (このIDを非表示/違反報告)
- 初コメ失礼します。続編おめでとうございます!! (12月2日 0時) (レス) id: bfc3e39400 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:砂漠* | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年11月30日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。