占いツクール
検索窓
今日:37 hit、昨日:192 hit、合計:86,053 hit

・45 ページ45

________



____


__









『『『かんぱーい!!!!』』』






カランカランとガラス同士が当たる音に

無駄に明るい照明




来てしまった。

結局いやいや思いながらきてしまった。


こういう時だけ定時にしっかり終わって
どうにも帰れないようにされる

ほんとクソ。





主役とされている歓迎される側の

桃寧ちゃんと他の子といえば

それぞれ今後お世話になるであろう人に挨拶をしに回ってる



大変そうだなぁ、

そういや、私も入社したてはやってたな




初めのうちは桃寧ちゃんみたいに

ニコニコ愛想よく元気にしてたけど

3ヶ月後には

上司にイライラ

先輩にムカついたり
なんて事になった



デザインの部署なんだもん
そんな簡単なことじゃないと思ってたけど

仕事に対する文句よりも

周りにいる人への文句の方が大きい


それは今も変わらない






桃「Aさ〜ん」





大きなグラス片手に

疲れた様子で駆け寄ってくる




「おつかれ、挨拶回り終わったの?」


桃「終わりました、、」


「主役も大変だね
私の入社したての頃も同じ顔してた」




「うぅ」なんて渋った顔を見ると何だか笑ってしまう


もう1回「おつかれ」と言って
適当に料理を分けてあげる





桃「やっぱ、Aさんが1番ですよ〜
ほかの先輩方なんか怖いんですもん」



「そう?私なんか仕事以外なんも興味無い雑用がかりって思われてるけどね」




桃「どこがですか!A以外の人ってなんか
悪い意味でギラギラしてるんですよ
「喰ってやろう」って感じがして.......」




「恐ろしい.......」と身震いをする


確かに普段桃寧ちゃんと私がいる所の先輩は
嫉妬深くて性格も悪い

可愛らしい桃寧ちゃんに対しては尚更厳しそう




「んー、あんまり関わらないようにするのが一番だけどね、変に言っても後々めんどくさくなるし」



桃「そうですよねー、、なんで女の人ってああも猫被るの上手いんだか、」




そう言って見つめる先には

上司と男性社員に絡みに行く先輩方。

あぁ、見苦しい。

逆にそれにデレデレしてるヤツらも
気持ち悪い




「みんなやっぱ恋人欲しいんだろうなぁ.......」


桃「無理ですよ。素敵な人にしか素敵な恋人は出来ませんから!」



「案外はっきり言うんだね」

・46→←・44



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (92 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
472人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズWEST , 小瀧望 , 重岡大毅
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年5月25日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。