占いツクール
検索窓
今日:2,636 hit、昨日:5,079 hit、合計:750,791 hit

ダメ5 ページ5

.





「…なんで抵抗しねぇ」



『……………は?』



「涙ぐんで堪えてんじゃねぇぞ。…どこまで人間らしいんだよ」



そう言うとこいつは やる気失せた、と呟いて私の上から退いた

もうその時の私の顔はポカンだった
真っ先に出す感情が分からなかった


怒りか恥ずかしさか怖さか

だけども頭より先に体が動くとはこのことで
あ、私怒ってる

と頭が自覚するより前に私は目の前のそいつをぶん殴っていた




「……、」



だけどそいつはビクともせずに私を見つめていて
あれ私めっちゃ力込めたはずなんだけどな??と思ったし

その態度にもうなんか腹が立ってしょうがなかった


私だっててめえみたいな顔面派手男のくそみたいなやつに襲われたくなんかなかったけどさ

あの力に逆らうなんて無理でしょ??私ほぼ人間の女に近いんだぜ???
んで逆らったらころされるかもしれないんでしょ?

死にたくないじゃん、


それを全部言葉にしようと思ったけど、無理な話だった。まず度胸がないってのもあるけど



多分私は今泣いているんだろう

頬になにかが伝っているのがわかる。





「…地味じゃ、ねえな。お前は」





はは、また何言ってんだこいつ

と笑いそうになるが泣き顔で笑うのはキモすぎたのでちょっとやめておいた


だけど彼は何を思ったのか私の溢れる涙をわざわざ拭いてくれた









それから彼は夜によく私の部屋に訪れるようになり

嫁が3人いることを聞いた時はなんでか知らんけどもっかいぶん殴った。嫁がいるのに破廉恥すぎる
てか3人って??

そう責め立てると あの行為は私を鬼として目覚めさせ

自分が怪我をすることで
私が危害があるやつだと証明してから殺すという 、まあそういう計画だったらしい


寒気した、本当





「話せば話すほど、派手にお前が鬼に見えなくなる」




『まあ鬼なんだけどね。』




『でももし私も人だったら嫁候補してたかもね!どう?鬼の嫁』



「あ?」



『刀向けるのはあかんて』





『……まぁ、もしもの時はその刀で私を切ってよ』




そうボソリと言うと彼は黙って空を見ていた

あ、またなんか言うんじゃね?と思ったらなんも言わず私の頭を軽く撫でて「さっきの話考えてやらねぇこともねぇ」そう言って去っていった

なるほどね、うん。嫁が3人いるのも納得できる

ダメ6→←ダメ4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (1170 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3434人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 逆ハー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆい(プロフ) - 一気に読んでしまいました!続きを楽しみにしております! (10月15日 7時) (レス) id: 67d27ac634 (このIDを非表示/違反報告)
AYANO(プロフ) - 桜花さん! 煉獄さんの話公開する事になったら教えてください! よろしくお願いします!あといつも作品楽しく読ませてもらってます! (9月19日 22時) (レス) id: c435c36ab9 (このIDを非表示/違反報告)
茉優(プロフ) - この作品ほんとに大好きです!健康にきおつけてこれからも頑張ってください!! (9月19日 17時) (レス) id: b60e3eafa2 (このIDを非表示/違反報告)
- とても面白いです!続きがとても楽しみです!更新お願いします!! (9月11日 17時) (レス) id: fdf583fde8 (このIDを非表示/違反報告)
雪雫 - 凄く面白いです!続きが楽しみ!お身体に触らない程度に更新頑張ってください。 (9月9日 0時) (レス) id: c2cb9b617d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜花 | 作成日時:2019年8月10日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。