占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:430 hit

ジュウニワ【チイサナハナシ】 ページ12

出て来たのは、さっき身に纏っていたワンピースの青さに劣らないくらい真っ赤なワンピースだった。


詰め襟のブラウス、赤いワンピース。


両肩から胸元まであしらわれた大きなフリル。


庵崎さんが着ていたものは膝辺りで揃えられていたけれど、これは右膝の上から左膝の下にかけて斜めに切られていた。


「綺麗……」


茅野がうっとりしたように呟いた。


確かに茅野の言葉に頷ける。


男の僕でも分かるくらい綺麗だ。


丁寧に作られたことが見て取れる。


「スクバにはこれしか入ってないや」


「なんでワンピースなんて入れてるんだろう」


「着替え用かなぁ?」


「……それはないでしょ」


庵崎さんの着ていたワンピースは青。


対してこっちのワンピースは赤。


デザインもどことなく対称的に感じた。


「渚くん」


「何?」


「これ着てみて」


「何で!?」


そこで聞き耳を立てていたのか、中村さんが絡んで来た。


「おやおや渚くん?やらなきゃ損損!」


「やるほうが損だよ!」


それにほら、茅野だって着たがってたし……。


「茅野ちゃんならさっき奥田ちゃんに呼ばれてどこか行ったよ〜」


茅野……。






.







.







**********


「…………」


「おお!流石渚くん」


「似合ってるよ〜いいね〜!」


結局僕は二人に無理矢理着させられた。


男子なら慣れてはいけないヒラヒラ感が、最近させられるコスプレで慣れ始めていることが怖い。


「ぴったりだね」


「うん、」


何故かサイズは測って作られたかのようにぴったりだった。


「まぁ、庵崎さん渚と同じくらいだし!」


「…………うん」


悪意のない中村さんの言葉にショックを受けたのは言うまでもない。


「ところでさぁ、さっきスクバ見たときにそのワンピースしか入ってないって言ったじゃん?」


「何か入ってたの?」


「そう、ペンダントネックレスなんだけどさ」


ペンダントネックレスって、写真とかを入れて持ち運べるようにしたもの?


庵崎さんでもそんなもの持ってたりするんだ。


「で、この写真がさぁ……」


「??」


右側に立っているのが庵崎さん……でいいのかな髪の毛白いし。


だとすると、左側の女の人は?


長い青髪に青色の目。


青いワンピース。


短い白髪に灰色の目。


赤いワンピース。


でも、彼女が着ていたのは青いワンピースで。


二人の背景は、川だった。


「もしかして……!」


僕は走り出した。

ジュウサンワ【チイサナハナシ】→←ジュウイチワ【チイサナハナシ】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定キーワード:暗殺教室
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:リン | 作成日時:2018年2月15日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。