占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:29 hit、合計:18,977 hit
立ち尽くす、だけだった
わたしにはなにもできなかった。





その証拠に、ほら。

 わたしの手元にはもう、なにも残ってないじゃない。







《ウチがいなくなったら隣にいてやってよ!》


 長い金色の髪を揺らして、あの子は言った。






彼のみつあみが、わたしの目には痛い。
 




『わたし、代わりでいい』



約束を守るというひとつの強がりは
わたしをより弱者に仕立てあげていく…








 あの子とはちがう長い金髪が揺れる、


__________________________

おはつめましてそゆと申します。
この度はわたしの作品を見て下さり
誠にありがとうございます♡
荒らしがあったら消したり更新を止めますが
皆様に楽しんで頂けるよう精一杯努めて参りますッ

女王蜂
いのちと春愁
おれの彼女は、アイツがすき。
背伸びして、エプロン

えrなど ふぉろみー
Twitter執筆状態:連載中















おもしろ度の評価
  • Currently 9.76/10

点数: 9.8/10 (153 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
444人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

バナナ - 初コメ失礼します!最初、もしかして夢主ちゃんとエマちゃんの仲悪い...?と思ってしまったんですけど、仲良くて安心しました(笑)更新応援してます!! (10月27日 16時) (レス) @page6 id: 159755a528 (このIDを非表示/違反報告)
うーたん - マイキーの幼なじみとか絶対幸せですよね! (10月26日 23時) (レス) @page5 id: 4beab36331 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:そゆ | 作成日時:2021年10月26日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。