占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:0 hit、合計:568 hit

ページ14

あれから約、四時間。

僕は、完全に存在を忘れられ、四時間の間抵抗も無く宙吊りになっていた。

いや、笑わないで、ねえ、僕の心の中にいるA、ねぇ、笑わないでぇ!

グスッ、

ああ、まいっか!

くそっ、何でこいつら僕の事忘れて、さらに、僕には起こせないような顔してんだよッ、

頭ふらふらしてきた。

『グゥイ!』

小さな声で、重力に抗いながら、ロープに手をかける。

・・・。

結果、余計絡まった。

今何時!?いやホントに、人間何時間も宙吊りしてるとタヒぬよ?(多分リアリー、タヒにます。ヨイ子モワルイ子モマネシチャダメダヨ!)

誰か起きて助けてくれないかなーっ、

なるべく、御手洗さん以外で…

あっ、フラグ立てちゃった?

フラグって何だっけ?

「んむゅ…くしゃい。誰も起こしてくれないー……ッ!!!???え、え、え、え、え、え、え、え、え、え、え、え、え、、え、え!!!!」

真下にいた雲羽が起きた。
フラグ、折れてよかったー

『驚きすぎだっつうの、…それより、たすけt…!オイオイオイオイオイオイオイ!何で二度寝すんだよ!こんな僕見て可哀そうの一言もないのか!ぁ、これ、Мが言うやつ?違うよね。うん。あぁ!寝ないで、寝ないでええええ!』

こうして、僕の命は美しく散っていった。

いや!この物語の終わりだから!

待って、タブ閉じるのやめて!
(気を取り直して…)

すると、清作さんがフラッと起きてこちらに向かってきた。

え?怒られる?


悪いことしたっけ!?
しないで、これは理不尽すぎるからね、うん。

「んんんんんんんぅ…くっ、ごめんな、俺の右手の悪魔、抑えられないで。お前に、被害だしちまったな。うっ、右手がうずく、仕方ない、俺は自分自身を封印することにする。」

ん?ん?
どういう流れ?
えっ、まだ続くの?

「そうしないと、この世が滅びちまうもんな。この強大な悪魔を右手に封印しちまって。嗚呼、弟、カタストロフィ・アブソリュート・マリオネット・トランサブスタンシエーション」

何その名前…
右手に悪魔?

「俺たちのディスティニーは、ブラッディディスティニーはカタルシスにかけられる。俺がエインヘリアルだったんだ、ドラグーンに操られていた。フハッ!そう、マリオネットさ。戦場でヴァルキュリアに死を告げられたエインヘリアル・マリオネットさ。最後に一つフォースのアドバイスだ。闇の翼を使えばいいんじゃないか?…ふがっ」

努→←恥



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (5 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白井ユエ | 作成日時:2021年5月24日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。