検索窓
今日:231 hit、昨日:491 hit、合計:309,331 hit

#29 ページ29

それから私たちは色々な話をした。





今日の出来事、

久美の話、

辰哉の話、

渡辺くんのクラスメイトの話、

好きなテレビ番組や歌手の話、

家族の話なんかも。






渡「Aの親って厳しい感じ?」






「ん〜…どうだろう?お父さんはちょっと厳しいのかなぁ。お母さんは全然。フレンドリーな感じだよ」






渡「へぇー!」





「多分渡辺くんの事なんか見たら大騒ぎしちゃうかも」





渡「何で?笑」




「イケメンー!って、笑」




渡「マジ?好感度上がる?笑」




「爆上がり!」




渡「ふははは!笑」







そんな風に話す時間が楽しくて、あっという間で。


気付けば公園に来てから1時間近くが経っていた。






公園にある時計をチラチラと見ていたら、


「Aんち、門限厳しいの?」って渡辺くんが聞いてくる。





…あ、気にさせちゃったかなってすぐに反省。






「ううん、特にそういうのはないよ」



…と言うか、、





「…多分ね?」






渡「え、多分?」






「何というか…今まで門限とか無縁だったから分からなくて。…ごめん」







何せ異性と付き合うという経験が全く無かった私にとって、帰る時間を気にするようなシチュエーションすら存在した事がない。






「せめて前例があれば良かったんだけど…」






渡「いや無くていいから」






「え?」






渡「…何でもない」







渡辺くんが何か言った気がしたんだけど、夕方の時刻を告げるメロディーがその言葉を遮った。




特に追求する事もせず、何となくボーっとそのメロディーに耳を傾けていると、






「…よし、そろそろ帰るか」と、渡辺くんが背筋を伸ばす。






「…そうだね」




毎回思うけど、渡辺くんといると本当に時間が経つのが早い。





「ふぁ〜」と伸びをしながら欠伸をする渡辺くんを、隣でそっと眺める。






ついこの前までただの同級生だったのに(何ならちょっと苦手だったのに)、


こんな近くで渡辺くんの欠伸を見る日が来るなんて、誰が想像していただろうか。





欠伸の後で涙目になった渡辺くんが、横目に私を見て「…なんか眠くなっちゃった、笑」と恥ずかしそうに笑う。






夕日の少しオレンジ色ががったその顔がやけに幼くて、可愛くて。


何だか胸の奥が急に苦しくなった。







渡「…どうかした?」





「なんか…苦しい」





渡「えっ!?何!?なんで?!」






渡辺くんは分かりやすく慌て始めた。

#30→←#28



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (566 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2893人がお気に入り
設定タグ:渡辺翔太 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

R(プロフ) - のまんぼーさん» とっても嬉しいです🥺💕読んでくださってありがとうございました!✨ (9月30日 2時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
のまんぼー(プロフ) - 初めまして。すごく素敵な作品でした!お互いが好きで切ない感じがめちゃくちゃ好きでした! (9月25日 23時) (レス) id: b15a367a8c (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みかさん» いつも本当にありがとうございます😭みかさんのコメントめちゃくちゃ励みになってます🥺✨ (7月5日 20時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
みか - お疲れ様でした✨いつも読み応えあります (7月3日 20時) (レス) id: d2e789e792 (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みんみんさん» こんなデートがしてみたかったなんて、本当に嬉しいお言葉です🥺ありがとうございます🥺💕最後まで読んで下さりありがとうございました☺️✨ (7月3日 12時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:R | 作成日時:2022年6月21日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。