検索窓
今日:393 hit、昨日:338 hit、合計:329,604 hit

#28 ページ28

家まであと半分の距離という時、





公園を横目に「…まだ時間ある?」…と、渡辺くんが歩みを止めて私に尋ねた。







「時間?…うん、特に何も予定ないから…」





何でだろう?って不思議に思っていると、





渡「じゃあさ、もうちょっと話さない?」





渡辺くんがじっと見ながら聞いてくる。








…え、



もう、そんなの…






「うん。…話す!」






嬉しくて、

いや、嬉しすぎて。



思わず声が弾んだ。















私たちは公園の中にあるベンチに横並びに座る。





夕方に差し掛かるこの時間帯、


犬の散歩をする人や、ジョギングをする人なんかがチラホラ利用しているだけで、静かで非常に落ち着いた空間だった。





チラッと隣を見れば、横顔までもが綺麗な渡辺くんがいて。





…なんだか急にドキドキしてきた。







渡「雰囲気良いとこだね」



それは多分この公園のこと。






「うん。だけど実はね、ずっと住んでいながら正直ここに寄ったの初めてに近いかも」







渡「えっ?!マジで言ってんの?子どもの時に遊んだりとかは?」






「ん〜…ないなぁ」






小学生の頃は校庭でばかり遊んでいたし、中学の時も部活を終えたら真っ直ぐ帰宅し、高校生になった今も授業が終われば真っ直ぐ家に帰るだけの生活だ。




…そう考えると私の人生って本当に味気ないや。








翔「ふはっ!Aって本当真面目なんだね、笑」






「真面目というか、つまらない人間なだけだよ」






翔「俺はだいぶ面白いと思ってるけど、笑」





そう言って渡辺くんが屈託無く笑う。






前に辰哉が屋上で言っていたように、渡辺くんがそう思ってくれるならそれでいいのかなって…





眩しいくらいの彼の笑顔と共に、素直にそう思えた。

#29→←#27



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (596 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2867人がお気に入り
設定タグ:渡辺翔太 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

R(プロフ) - なおさん» コメントありがとうございます!🥺幸せな気分になって頂けて嬉しいです☺️💕ありがとうございます☺️ (11月12日 6時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
なお(プロフ) - 素直で可愛い主人公ちゃんと甘ーいしょっぴーにキュンキュン!幸せな気分になれました❤️ありがとうございました☺️ (11月12日 1時) (レス) @page44 id: a2aff7b060 (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - のまんぼーさん» とっても嬉しいです🥺💕読んでくださってありがとうございました!✨ (9月30日 2時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
のまんぼー(プロフ) - 初めまして。すごく素敵な作品でした!お互いが好きで切ない感じがめちゃくちゃ好きでした! (9月25日 23時) (レス) id: b15a367a8c (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みかさん» いつも本当にありがとうございます😭みかさんのコメントめちゃくちゃ励みになってます🥺✨ (7月5日 20時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:R | 作成日時:2022年6月21日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。