検索窓
今日:69 hit、昨日:296 hit、合計:309,901 hit

#25 ページ25

Watanabe side


ワクワクした気持ちでAと帰る待ち合わせをしていた。



すると突然後ろから名前を呼ばれる。




いつの間に‘’しょうた呼び‘’に変えたの!?って一瞬マジでビックリしてたら、元カノの姿がそこにあった。




…何だよ、

驚かすなよ、、




ある意味ドキドキしながら心臓を抑える。




久しぶりに会話するというのに、相変わらず距離感バグってる元カノに捕まり何となく会話。




つか、Aが来ちゃうから早く去って欲しいんだけど…



そしたら急にAの話になって、地味とか言われて。




めちゃくちゃ腹が立った。

自分の事言われてるみたいに何だかムカついた。



早く消えて欲しくて冷たく遇らう。





そしたら今度こそ後ろから‘’渡辺くん‘’と呼ぶAの声が。



振り向けば顔を引きつらせながらいつもより多く喋り出す彼女。





…分かりやすい。

見てたんだな、今のやり取り。





聞いてもシラを切り通すAの手首を掴んだけど、その手は小さく震えて、瞳は濡れていた。





自分の気持ちだけしか考えていなかった事を反省し、とりあえずAの手を引いてこの場を離れる事にした。











そして今、俺の隣でAは静かに涙を流している。





渡「そんな事で泣くなよ」





思わず出た本音。

握っていた手にもつい力がこもってしまう。





その言葉にハッとしたように彼女は急いで涙を拭い、「ごめんっ…」と再び謝る。





多分Aは勘違いしてる。


俺がこの涙を見て面倒臭いと思っているなと。





渡「面倒臭いとかそういう意味じゃなくて、そんな気にする価値もない事で泣かないで欲しいって事」





本当は今すぐ抱きしめたいけど、ここは駅のホームのど真ん中。

なかなかの人がいる中、さすがにそれは躊躇われる。




その間も一生懸命手の甲で涙を拭き続けるA。






渡「…つかさ、ごめん。ハンカチねぇの?笑」


その姿を見ていたら段々可笑しくなってくる。





「ハンカチ…あるもん!…笑わないでよぅ」




慌ててそんな事言いながらガサゴソとカバンを漁り、「ほら!」って赤い目のまま見せてくる。





渡「…ふははっ!すーげぇドヤ顔!笑」





そんな俺をちょっと睨みながらAは今更ハンカチで涙を拭う。





そんな姿が可愛くて愛おしくて。





渡「めっちゃ可愛いんだからもう泣くの禁止ね」






そう言って今日も一緒に各駅電車に乗り込んだ。

#26→←#24



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (567 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2893人がお気に入り
設定タグ:渡辺翔太 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

R(プロフ) - のまんぼーさん» とっても嬉しいです🥺💕読んでくださってありがとうございました!✨ (9月30日 2時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
のまんぼー(プロフ) - 初めまして。すごく素敵な作品でした!お互いが好きで切ない感じがめちゃくちゃ好きでした! (9月25日 23時) (レス) id: b15a367a8c (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みかさん» いつも本当にありがとうございます😭みかさんのコメントめちゃくちゃ励みになってます🥺✨ (7月5日 20時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
みか - お疲れ様でした✨いつも読み応えあります (7月3日 20時) (レス) id: d2e789e792 (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みんみんさん» こんなデートがしてみたかったなんて、本当に嬉しいお言葉です🥺ありがとうございます🥺💕最後まで読んで下さりありがとうございました☺️✨ (7月3日 12時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:R | 作成日時:2022年6月21日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。