占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:0 hit、合計:11,663 hit

ページ15

.








ロミオとジュリエットの立ち位置になって、分かった。やっぱり私は、ジュリエットが嫌いだ。

自分勝手で、自分の想いに心酔して、自分の愛する人を殺したジュリエットが、嫌い。


でも、一番の理由はきっと……私と少し似ているから。

昔の私は好きな人に迷惑を掛けてばかりで、向こうの都合なんてお構い無しで。少し触ってくれただけで相手の気持ちを決めつけて、それで自己嫌悪になって。自分勝手にも程がある。



(でも、今は違う……よね?)



貴方との幸せな未来を夢見て、私は今前を向いている。

悲劇なんて辿りたくないから、私は今を苦しむの。

たまに視界に入る貴方の姿を見て胸が締め付けられたりすることもあるけれど。



誓ったから。“生徒と先生”という足枷が外れるまで、私達は距離を置くって。

……そして、その足枷がなくなった時……何にも囚われない、幸せな恋人になるって。





だからジュリエット、私は貴方にはならない。

最愛の人を殺す、愚かな人間にはならない。








「──さよなら、ジュリエット」





私は、自分の中のジュリエットに別れを告げた。

いつか幸せになれるその日を夢見て、私は今日も生きていく。









_____goodbye,Juliet_完

あとがき→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (41 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , センラ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:きゃろっと。 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2018年10月3日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。