占いツクール
検索窓
今日:46 hit、昨日:98 hit、合計:113,851 hit

願望 -Jiyong- ページ1

「どうやったら…どうやったらずっと友達でいてくれる?」

「え?」

「どうやったら、ずっと俺のそばにいてくれる?」

「ジヨンさんっ!」


そこでやっと我に返った。

Aの左手に触れてると思ってた手。
いつしか、両手でAの腕を掴み、
まるで問い詰めるような体制になっていた。

驚いたような、怯えたような表情。
Aの丸い目が揺れながら俺を見ている。

その時ふわっと花の香りがした。

目の前にいるAからなのか、
それとも…

脳裏に浮かぶ、またあの記憶。

花の香り。
最中の喘ぎ声。
吐息。
身体の動き。
ライン。

記憶と目の前にいるAが重なって仕方ない。

一気に身体が欲しだす。

いや…

やりたいわけじゃない。

目の前にいるAを、
ただ、また抱きしめたくて仕方ない。

自分の腕の中に閉じ込めたくて仕方ない。


『Aが欲しい』


今もあの日と同じようにそう思うのに、
あの日と同じ言葉はもう怖くて言えない。


身体だけが欲しくて、
他の女と同じようにただやりたいわけじゃない。

今の自分にとって特別な子だと思うし、
大切な子だけど、
だからといって、昔のように告白して、
付き合おう…彼女になって…とかは思わない。

だけどAを友達に紹介するなんて正直嫌だし、
そいつじゃなくても他の男とでも、
Aが誰かのものになって、今ある俺にとって心地良いこの場所を誰かに奪われるのには腹が立つ。


すごくすごく身勝手なことを言う。


このまま、この関係のまま、
俺は変わらず俺のままで、
Aは変わらずAのままで、
このままずっと誰のものにもならず、
この関係がずっと続けばいいのに。


失いたくない。
この場所を。
Aを。


心の中で、自分の本当の気持ちを吐き出せば、
鼻の奥がツンとして、目頭まで熱くなり、
まるで、泣きそうになって…

それを気づかれたくなくて、
思いっきりAを抱きしめた。

抱き心地も、香りも、全てが心地良くて。



その時、背中にAの手を感じた。
トントン、と。
優しく叩いてるような、さすってるような。


「ジヨンさん?いますよ、ずっと。ジヨンさんが私を必要としなくなるまで。だから、ちょっと休みましょう?」


その言葉と背中のリズム。
それだけなのに、どうしてこんなに安心するのか。
不安がなくなるのか。

一気に押し寄せた安心感と眠気。

少しだけ…と目を閉じたら、
いつの間にか意識を手放していた。

びっくり -You-→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (149 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
485人がお気に入り
設定キーワード:BIGBANG , ジヨン , GD   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

がほ(プロフ) - anzさん» コメ頂いたのに、お礼が遅くなりすみません!最近更新がなかなかできなくて、本当に申し訳ないです。土日で頑張って更新しますので、良かったらまた読んで下さいね^ ^ (11月3日 12時) (レス) id: c74390b1f3 (このIDを非表示/違反報告)
anz - 初めまして(´ ˘ `)凄くドキドキする作品をありがとうございます!毎日楽しみに更新待ってます! (10月25日 7時) (レス) id: c7fabd4acc (このIDを非表示/違反報告)
がほ(プロフ) - ユリアさん» こんにちは^ ^コメありがとうございます!なかなか更新が出来ずすみません!楽しみにしている…と言って頂けて嬉しいです^ ^ (10月20日 9時) (レス) id: c74390b1f3 (このIDを非表示/違反報告)
ユリア(プロフ) - いつも楽しみにしてます!これから先どうなるのかドキドキです! (10月9日 18時) (レス) id: 3eb3ef9154 (このIDを非表示/違反報告)
がほ(プロフ) - なつこさん» こんにちは^ ^コメありがとうございます!ドキドキしながら読んで下さって嬉しいです^ ^3連休中に続きを更新できるよう頑張りますね^ ^ (10月5日 11時) (レス) id: b9b3e3aa96 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:がほ | 作成日時:2018年8月23日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。