占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:6 hit、合計:3,270 hit

59_傘村折心【世界で救われたい】 ページ12

「むー…?」

思わず不満げな声が口からこぼれ出る。何処を探してもゆうきくんが見つから無いんだよね。

「どこかで入れ違ってるのかな…?」

さっきからずっと廊下をあっちこっち行ったり来たりで、ちょっと疲れちゃったや。

と、やや気だるさを感じながらキッチンの前を通り過ぎようとした時、中から話し声がした。

「今朝監視員が来てな。それで色々あったんだよ」
「…監視員が?」

二人いるみたいで、前者は榛くんの声だと分かったけど、『監視員が?』と訊き返した後者の声は、聞き馴れない女の子の声だった。それで、普段なら気にしないんだけど、つい誰だろうかと気になって立ち寄ってみる事にした。

ゆうきくん探しは、一旦中止で。

「何の話?…ってまあ、『監視員』ってワードが出てたから、大体察しはつくけどね」

そう言いながらキッチンへ入ると、榛くんが視線をオズの方に移した。そして、オズに背を向けて榛くんと話していた女の子も、オズの声に反応して此方を振り返る。

その緩い二つ結びの女の子は、彩芽ちゃんっていう、確かオズより一つ年上の子だったと思うんだけど、最近…というより、普段からあまり見かけない子だ。

多分、部屋から出ることが少ないんだろうね。

突然オズが出てきたからか、「えっ?えっと…」とどもる彼女をよそに、榛くんに声を掛ける。

「今朝の事、彼女に話した?」

榛くんは「いや、」と首を横に振る。「詳しくは言っていない」

そこで、今度は彩芽ちゃんに「気になるよね?」と訊くと、彼女は控えめに頷いた。

「…だって。教えてあげようよ」
「そうだな…本人が言うならいいか」

オズの言葉に榛くんも同意し、説明しようと口を開く。

その時、オズは心の中でゆうきくんに「ごめん」と呟いた。

久々に彩芽ちゃんの顔を見たから、もうちょっと此処に居たい感じがする。
いきなりでしゃばっといて榛くんに「後は宜しく」、なんて言うのも気が引けるし。

何より、と彩芽ちゃんの手元…正しくは、その両手に抱きしめられた人形を見やる。

あの人形、襟元が解れちゃってるから、オズのボタン渡してあげたいんだよね。
そんな必要も無いかもしれないし、そもそも彼女は他人と馴れ合うのを好ましく思わなくて、拒否されちゃうかもしれないけど、そうしてあげたい感じがした。

別に、キミだって『世界』の一員なんだから、なんて青春ドラマの台詞みたいな事言うつもりは無いけどさ。今会話を止めて渡す訳にもいかないからね。

60_蓮矢ゆうき【世界を嫌いになりたい】→←58_宮崎零 【世界を救いたい】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
9人がお気に入り
設定キーワード:募集企画 , 小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(=゚ω゚=)にゃあ - 更新しました。 (3月23日 15時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - 更新します。 (3月23日 14時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
春雨(プロフ) - 更新しました!オズはまだ行く先決まってないので、使って話を進めてもらって構いません! (3月21日 23時) (レス) id: 55d503be78 (このIDを非表示/違反報告)
(=゚ω゚=)にゃあ - このまま完結させちゃう?(笑) (3月21日 22時) (レス) id: 91777e8ddd (このIDを非表示/違反報告)
雪風@ビヨライ(プロフ) - めっちゃ更新してくださる人が...盛り上がってる... (3月21日 21時) (レス) id: 66f212caef (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:製作者一同 x他5人 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年2月11日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。