占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:109 hit、合計:143,843 hit

7 ページ7

『......九州から来ました 羽平Aです
よ、ろしくお願いします』









...ということで、折寺に転入しました。



したいと思って寝て起きたら移動してたんだよ。


何故か転入手続きも終わってた。




しかも元の世界では夏休みだったのにこっちでは春休みだっというね...めっちゃ都合いいじゃん、とか思ったよ。





「ハイ、皆仲良くするように!」



いかにも教師です と言う台詞を言って満足しているこの教師に職員室で会ってから察したよね。

なんと幼馴染とクラス一緒なんですよね。






まさか一緒になるとは思わなかったし、中三だとも思わなかった。


でもまあ極力バクゴーカツキには近づかないでおこうと思います。



指示された後ろの席につくとこそこそと声が聞こえる。





「この時期に転入って...なんかあったのかな」

「うーん、どうだろ」




まあ...普通そう思うか。






チラチラと質問したそうに何人かが見てくるが私はツンとしておく。




このクラス、あんまり好きじゃないからね。


出久くん馬鹿にする奴は私が許さん。





「さて...えーおまえらも三年ということで!!」



...え、早速原作?えらいタイミングで転入してきたな。





「今から進路希望のプリント配るが皆!!!!
だいたいヒーロー科志望だよね」



その言葉で出久くんと爆豪くん、私以外の生徒が個性を発動させる。




『...ばかみたい』




校内での個性発動は原則禁止...それで注意が甘い教師も同レベルだ。









「せんせえーーーー皆とか一緒くたにすんなよ!
俺はこんな " 没個性 " 共と仲良く底辺なんざ行かねーーーーよ」

「そりゃねーだろカツキ!!!」

「モブがモブらしくうっせーーー!!!」



多分一番声大きいの君だけどね...と思いながらいくつか前の席の爆豪くんを見る。





ほんとツンツン頭だな...足癖悪いし。









それから爆豪くんの語りが始まったわけだけど長い。カット。

8→←6



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (86 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
215人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , MHA , 原作沿い   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あか | 作者ホームページ:http:  
作成日時:2018年7月29日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。