占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:146,894 hit

33.目覚め ページ35

__凄いわ、流石ね。この調子で頑張って

__Aさんは何でもできるのね

__きっとAなら1位いけるよ!



違う。私はそんなんじゃ____









「違うの……」

その声に驚き、目が覚める。
あたりは薄暗く静まり返っていた。

「久しぶりだなぁ……あんなの。」

思い出すだけで、身体が重くなり気持ち悪くなりそうだ。
頭を振って、何とか夢を忘れようとする。

ふと、手に何かが乗っているのに気がついた
ぐるぐると包帯で巻かれた、細く白い手。紛うことなき太宰さんの手だ。
暗くて居たのに気が付かなかった。

太宰さんは私の手を握り、もう片方の腕を枕にし乍眠っていた。
私の心配をしていてくれたのだろうか。

起こしても悪い思ったが、生憎目が覚めてしまったので何となく太宰さんの手を眺める。
綺麗で手先が少し冷たく、私の何倍も大きい。
そのまま眺めていると、ふっと太宰さんは目を覚ました。

「……おはようございます?」

「目が覚めたのだね……おはよう。」

「迷惑をかけてしまって……すみません。」

頭を下げる。
然し太宰さんは何時もの笑みでいてくれた。

「Aちゃんも目覚めたことだし……私もそろそろ帰ろうかな。
Aちゃんは此処に泊まるかい?」

「嗚呼……如何しましょう。」

正直あまり眠くないし、人気のない深夜の探偵社に1人となると寂しい。
でも今帰っても与謝野さんの迷惑になるだろうし……

そんな私の気持ちを汲み取ったのか、太宰さんも一緒に考えてくれる。

「Aちゃんも、見た目は幼女だからといって中身は17だもんねぇ。
私の家という訳にも……」

「え、いいんですか?」

「えっ」

どうせ明日は太宰さんもサボるだろうし、太宰さんの家なら敵襲が来ても安全だろう。
此方としては、とても有難い

「私はいいけど……」

「じゃあ、お願いします!」

勢いよく頭を下げる。
太宰さんは少し困惑気味だったけど、了承してくれた。





「Aちゃんさ、」

不意に、太宰さんに呼ばれた
今、私は太宰さんの横を歩き乍帰路についている。

然し、何故か太宰さんはそう呟いたきり、一向に次を言おうとしない。

「どうしたんですか?」

「……いや、今じゃなくてもいいかな。
今度聞きたいことがあるのだけど、その時は付き合ってくれるかい?」

太宰さんが此方を見る。
私はそれが何なのか聞きたかったが、はいとしか答えられなかった。

34.再び→←32.治療



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (235 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
465人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , 文スト
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

月城捺樹(プロフ) - 紅夏さん» 有難う御座います!更新させていただきました! (5月14日 16時) (レス) id: b10180abe7 (このIDを非表示/違反報告)
紅夏(プロフ) - 面白かったです!これからも更新頑張ってください! (5月1日 23時) (レス) id: 6f15b8d456 (このIDを非表示/違反報告)
月城捺樹(プロフ) - 1つ1つ返せなくてすみません!沢山の方から期待して頂いてとても嬉しいです。遅くなりましたが更新させていただきました。 (2月24日 21時) (レス) id: b10180abe7 (このIDを非表示/違反報告)
みっく - とても面白いです!応援してます、更新期待してます (2月21日 18時) (レス) id: c025c89ca4 (このIDを非表示/違反報告)
蛍原(プロフ) - このような内容の作品大好きです! 次の話を期待して待機してます(●´ω`●) (2月19日 23時) (レス) id: 5ee87af96c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:月城捺樹 | 作者ホームページ:   
作成日時:2017年10月14日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。