占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:1,233 hit

7 ページ7

.




──────────


今日はありがとう


──────────


「こちらこそっと」


服に少し残る優さんの匂いが恋しい

なんかまるで恋した女の子のよう

四拍子までまだまだある

もっと色んなバンドさんのこと知らないとな

なんて考えながらベットに横になった

──────────


今日は仕事

メイクをして電車に乗る

こうやって歩いてる時もどこかでいや、完全に
優さんに会えないかと期待している

((ぽんぽん))

もしかして…!!


「久しぶり〜!」


「わっ、久しぶり〜!!」



今上手く笑顔を作れているだろうか


「俺の名前覚えてる?」


「松本くんでしょ?」


嬉しい〜なんて言ってまるで女子のように喜ぶ彼は
学生の時の同級生


いっつも人気者だった彼と
いっつも派手だった私はたまに喋るくらいだった

「Aちゃん、髪の毛の色落ち着いたね〜」

「うん、結構暗くした〜笑」


ちょっと待った、
松本くん私のこと下の名前で呼んだよね!??
それもちゃん付けで

なんだこの人…

「前金髪だったよね?」

「金というより茶だったよ??」


私の通ってた高校は校則が緩く髪染めokだった


「ごめん、私次の駅で降りるんだ」

「あ、じゃあせっかくあった記念に電話番号交換しない?」

「もちろん〜」


交換するためにスマホを出すと


──────────


優さん : 次いつ会える?


──────────

と来ていた


「なに?彼氏〜?」

「違うよ」

と言って松本くんの電話番号を登録する

きっと私の顔は今真っ赤だ


「あ、じゃあね!!」

「うん!!」


電車を降りた私に向かって

「彼氏じゃなくてよかった」


なんて松本くんが言っていたことは
この時の私には知るよちもなかった


---------------------------------


こんにちは( ˙꒳˙ )

らむです。

お気に入り登録ありがとうございます泣

10名の方に登録していただけてとても光栄です✩°。

またお気に入り作者の方の登録も
ありがとうございます!!

.君と恋してる.の方を頑張っていくので
よろしくお願いします。

作者この作品を書いていて
長編の方が得意なのでは? と思いました笑

松本くんという謎のイケメンキャラ(?)も出てきたところでどんどんこれから盛り上げていくので
よろしくお願いします!!


2018.1.20 らむより

続く  (更新停止中) お気に入り登録で更新通知を受け取ろう

←6



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
18人がお気に入り
設定キーワード:BugLug , ResisterRecods , V系
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らむ | 作成日時:2018年1月14日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。