占いツクール
検索窓
今日:301 hit、昨日:24 hit、合計:69,243 hit

+++++ ページ37

.


義勇軍の数は300程度

天人の数はざっと倍以上は居るだろう

毎日毎日、そんな絶望的なほどの圧倒的不利な状況下で彼らは戦います





『でもまぁ、あとでヅラと晋助たちがあいつらの拠点潰してきたら合流するしそれまでの辛抱だね』




そして彼らは移動した
天人たちと、ぶつかり合うために

近くの岩の上に立って、スラリと刀を抜いた双子
真っ白なその様を攘夷志士たちは見つめた




『テメェら、覚悟は出来てんな』




銀時の声におお!!と声が上がる




『今からでもいい、死にたくねぇ戦いたくねぇって奴はどっかに逃げろ』




それには誰も応えない




『なにを言うてるがか、金時ィ。
ここにゃおんしたち双子に憧れるバカしかおらん。
今更逃げるつもりなんぞなか』

『俺ら憧れられるような大した人間じゃねぇよ、なぁA』

『天人斬り殺すことしか脳の無いバカだからね、私ら』




風が吹き、白い羽織と白い髪が揺れる




『……そんなバカな私らについてくるんなら、全員死に物狂いで戦え!!!』

『『『『おおお!!!!』』』』

『だが俺らの許しなしで勝手に絶対に死ぬんじゃねぇぞ!!!』

『『『『おおお!!!!』』』』

『天人共に思い知らせろ!!!
()たちの底力を!!!!』
『天人共に思い知らせろ!!!
()たちの底力を!!!!』

『『『『おおおおおおおお!!!!!』』』』

『俺のあとに続けェェェェェェ!!!!』
『私のあとに続けェェェェェェ!!!!』




白い侍たちがかけ出す
攘夷志士たちが、白い双子の後を追うようにその後ろに続いた




『やっぱりおんしらの演説はわしらの魂に響くのう!』

『柄じゃねぇんだけど俺ら』

『わりと必死あの演説』




隊長格三人が先陣を切る




『人間共を殺せェェェェェェ!!!!!』

『『『『ぉおおおおおおおおおおおお!!!!!』』』』




両勢力が、ぶつかった




.

+++++→←おに



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (142 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
434人がお気に入り
設定キーワード:ぬらりひょんの孫 , 奴良組 , 家族愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - Milkさん» コメントありがとうございます!好きと言っていただけて凄く嬉しいです!これからも愛読よろしくお願いします!! (5月8日 12時) (レス) id: 9e3e8858ee (このIDを非表示/違反報告)
Milk - 初コメ失礼します!!本当に本当にこの小説すごく好きです…!! (5月4日 15時) (レス) id: b976b329cf (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 白狼龍さん» ありがとうございます!更新頑張りますね! (5月1日 16時) (レス) id: 9e3e8858ee (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ☆ねこ☆ねこ☆さん» コメありがとうございます!これからもハラハラドキドキしちゃってください! (5月1日 16時) (レス) id: 9e3e8858ee (このIDを非表示/違反報告)
白狼龍 - 面白かったです! とても続きが気になります(*´∇`*) (4月26日 22時) (レス) id: b10076b070 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2020年3月13日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。