占いツクール
検索窓
今日:24 hit、昨日:43 hit、合計:246,997 hit

5 ページ5

「え」



はっ、として振り返ると、電話越しと同じけだるさを纏った彼がいた。



YG「・・・うん、思う」



そう言うと形のキレイな唇の片方だけがクイっと上がる。




ああ、ユンギだ・・・。

このゆったりとした独特の雰囲気も、話し方や声も。

会いたくてたまらなかった、わたしの好きな人。



あれ、なんだろ、わたし、何を考えてたんだっけ。

いいや、とりあえず会えたもん。



「・・・ユンギ、着いたんだ」

YG「おう、お待たせ」

「思ったより早かったね」

YG「だろ?すげー頑張りましたーー」

「あら、嬉しい♡」



すんごい嬉しいけど。

ちょっとホソクみたいに小躍りしたくなるぐらい嬉しいけどね。

あんな動きしたら引かれるから←

それは脳内だけで。



スーツのジャケットを脱いでる彼に横目でサラっと本音。



YG「ん・・・、そら良かった」




ネクタイを緩めながら隣に座ると、頭ポンポン。




・・・脳内の小躍り、バレてんじゃん・・・。




「・・・。」

YG「何飲む?いつもの?」

「・・・はい、それで」

YG「・・・なんだよ(笑)」

「いや・・・、あ、これ、オッパの新作」

YG「うまそうじゃん。あと・・・ジニヒョン、なんか適当にお願い」

JN「はいよ〜」



オッパ、にっこにこ。



JN「ユンギ、久しぶりだね」

YG「いや、ほんと忙しくて。まじで寝不足」

JN「まぁ、今日はまだ早いし、ゆっくりしてってよ。はい、ビール」

「ありがと、オッパ」

YG「どうも、 HS「ユンギヒョン〜〜〜!」」



接客が終わったホソクが駆け寄ってくる。



HS「お疲れ!久しぶりじゃん!ユンギヒョン!あのさ、俺、今度のイベントのことで「「ちょい待ち」」」



止められてポカン顔のホソク。

にんじん突っ込むぞ。

6 YG side→←4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (159 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
784人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , ユンギ , ジミン
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

BTS@V - 心臓あの世に行ってしまいましたァァ(´;ω;`)ウッ… (2月26日 22時) (レス) id: 098c1a355f (このIDを非表示/違反報告)
アウラ(プロフ) - ellieさん» ユンギ頑張りますよ〜!(*´ω`)彼にはお砂糖でいてもらわなくては・・・!wでも餅な彼も頑張るようです( *´艸`)そろそろ続編に参ります!引き続きお楽しみくださいませ☆ (2017年7月5日 23時) (レス) id: 32a01a5ded (このIDを非表示/違反報告)
ellie(プロフ) - !!えっ!不穏な空気が……ユンギに嫉妬されて嬉しいけど、私まで嫉妬したくないよ〜( TДT)む、胸が痛い……ユンギがんばってよ〜、私をはなさないで〜( ;∀;) (2017年7月4日 1時) (レス) id: ddddb51918 (このIDを非表示/違反報告)
アウラ(プロフ) - ellieさん» コメありがとうございます☆前回コメで二回目の初めましてしてしましたΣ(゚Д゚)すみません(´;ω;`)こんな作者ですが、これからもお付き合い頂ければ嬉しいです〜!少しづつこの関係も変わっていきます・・! (2017年7月2日 23時) (レス) id: 32a01a5ded (このIDを非表示/違反報告)
ellie(プロフ) - 止めないで、ドキドキしたいからっ!( 〃▽〃)もうぎゅーんです。トキメキすぎて、心臓壊れそうです〜(*ノ▽ノ)むふふ (2017年6月28日 0時) (レス) id: ddddb51918 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:アウラ | 作成日時:2017年6月1日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。