検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:91 hit
キレネンコ
キルネンコ
ズルゾロフに
私はひろわれた
あの日あの夜
路地裏で
私は路地裏にいた
そしたら
黒のロングコートを
きた3人の
いかにもボスって
感じの人がきた
私は怖くて逃げようと
したら立てなかった
そしたら3人のなかの
赤の髪の男が
私を立たせてくれた。
怖くて目をあわすのも
怖い
路地裏ってボスに会う確率が高い
私はそのボスに会ってしまった。
私が立てなかったわけは
キレネンコがキルネンコを
かばったように
私もわなにわざとかかった
そしたらバレてしまい
なんとかかわしたけど
すこし当たってしまった
ボスが路地裏にくるわけは
ここで作戦会議をするために
私は路地裏がマフィアのボスの
アジト陣地だと知らなかった。
ただマフィアのボスの部下が
4000人いるとしっていた。
私はたすけてもらい
壁よりになりながら
歩いた。
フラついてそれを支えてくれた
一人の男の人
私は『ありがとうございます』
と言って
帰ろうとしたら
後ろから赤の髪男がきた。
私はえっておもっていた。
そ、赤の髪男が私を抱きしめる
私は『あの、離してくれませんか?』
赤髪男が
ドスのきいた低い声で
キレ『お前だけは離さない』
って言われた
よっしー『あの
なまえを
おしえてくれませんか?』
キレ『俺はキレネンコ
で、桃髪が俺の兄のキルネンコ
で、その兄の後ろにいるのが
ズルゾロフ俺の元部下』
よっしー『はい…
あの部下と言うのは
ボスですよね?』
キレ『まぁな』
よっしー『あの、
私を部下に
させてくれませんか?』
キレ『いいよ』
キレ『条件がある』
よっしー『なんですか?』
キレ『キルネンコ
ズルゾロフにとられるな』
よっしー『はい』

ホムペを作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 0.0/10 (0 票)

このホムペをお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
設定タグ:キレネンコ , キルネンコ , よっしーズルゾロフ , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ラブ - 読んでくれた方は星と感想おねがいします (2020年10月16日 0時) (レス) id: 762a9a990f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成

作者名:ラブ | 作成日時:2020年10月16日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。