占いツクール
検索窓
今日:48 hit、昨日:142 hit、合計:348,019 hit

『風邪』《リクエスト》 ページ31

主受け(風邪)✕まふ攻め(看病)✕風邪
__________________


朝からだるくて、思うように体が動かない。
思えばWING(ウィンク)で風邪流行ってたし……もらってきたパターンか…。

今日は外に出て海外の人と打ち合わせがあるから何としてでも行かなきゃ…。

とりあえず熱を測ってみる。
機械音と共に俺の虚しい声が部屋へ響いた。



「38度7分……」



思ったより高い熱に苦笑いしつつも、食欲もないので珈琲と薬を飲み、いつもより少し厚めのジャケットを着て会社へ向かった。



「ちょっと、麻生くん?」

「はい、」



会社に着いてデスクで打ち合わせの資料の最終確認をしていると、社内でとても良くしてもらっている百瀬さん(女性)に呼ばれた。




「麻生くん、熱あるでしょ。」

「え、ぁ……ないですよ?」

「嘘。ほっぺ赤いし、目が虚ろだよ。今日海外のお偉いさんと打ち合わせなんでしょ?」

「あぁ、はい。だから……」

「だめだめ。こんなんじゃ打ち合わせ前にぶっ倒れるわよ。私、今日の打ち合わせ明日に延期になったから、代わりに出とくわ。今日は帰りなさい。」

「いやっでも、」

「いいのよ、いつも後輩である麻生くんに仕事手伝ってもらってるし。今日くらい安静に寝ときなさい?上には私から言っとくから。」

「何から何まですみません……」

「んも〜頼りにしてるんだから、麻生くんもちゃんと先輩頼りなさいよ?」

「ありがとうございます、お言葉に甘えて今日は帰らせていただきます」

「はーい。お大事に。」



よろよろと歪む視界の中タクシーを止め、家に真っ直ぐ帰る。

家に着けば歩いて寝室に行く気力もなく、リビングのソファーに倒れ込む。

俺は生まれは東京、17歳まで育ちはニューヨークだった。まあ、要するに帰国子女ってとこなわけで、親を置いて来たため今看病して貰える身内はいない。



「ゲホッゲホッ……、はあ、辛い」



滅多に求めない人肌が恋しい。
誰かそばにいて欲しい。
……電話かけていいかな。



プルルルルル……



「もしもし!?月魅から電話なんて初めて!!!どうしたの!?」

「まふく……ごめ、ぃま、大丈夫?」

「ちょっ、風邪?!今行く。」

「ぁ、」



凄い、声だけで伝わった……。
でもとても助かる。


俺は安心して意識を手放した。

『風邪』《リクエスト》→←[28]



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (806 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2316人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

尾弔(プロフ) - あえなめこさん» ぜひ来てください! (11月24日 12時) (レス) id: 6504b61ee3 (このIDを非表示/違反報告)
あえなめこ(プロフ) - 尾弔さん» わぁぁありがとうございます!!また話題があればお話しに来てもいいですか…? (11月24日 12時) (レス) id: 19f25aab35 (このIDを非表示/違反報告)
尾弔(プロフ) - あえなめこさん» お仲間同盟ですね!(?)構いませんよ◎ (11月23日 22時) (レス) id: 6504b61ee3 (このIDを非表示/違反報告)
尾弔(プロフ) - あまおうしゃん。さん» ありがとうございます。良い作品を作れるように頑張って更新します。 (11月23日 22時) (レス) id: 6504b61ee3 (このIDを非表示/違反報告)
あえなめこ(プロフ) - 尾弔さん» なるほど、それじゃあお仲間ですね。そうなんですね!図々しいかもですがお名前を呼んでもよろしいですか…? (11月23日 20時) (レス) id: 19f25aab35 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:尾弔 | 作成日時:2018年4月12日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。