占いツクール
検索窓
今日:32 hit、昨日:156 hit、合計:347,125 hit

[25] ページ26

あのあとごり押しされ、志麻と呼ぶことに。


ちょうど頼んだものもきて、食べ始めた。



「いやあ…にしても月魅顔整いすぎでしょ。モテるんとちゃう?」


「ん〜……まあ…否定はしないでおく」


「ええなあ、羨ましいわ」


「うらやま〜」


「そーゆー志麻とか灯心くんだって、リスナーにモテモテじゃん」



くるくるとフォークでスパゲッティーを絡ませながら言う。



「まあ、リスは可愛ええ子多いから」

満更でもない様子で言う志麻。


「リス溺愛してるよね、まーしぃ」

そう言いながらグラタンを口に運ぶ灯心くん。



「リスナーは偉いよね、ちゃんと推しの好みにあわせてるから。」


「せやなあ…最近めっちゃストライクな子とかおるし」


「ちょ!まーしぃ、手ぇ出さないでよ?」


「出さへんわ!」



そんなこんなでとても楽しくお昼をとったら、いつの間にか14時を過ぎていた。



「ん〜そろそろ買い物行こか〜」


志麻が最後のひと口を食べ、会計を済ませてから、店から出て、ぶらぶらと歩いた。



「ところでさ、なに買うの?」


「え、灯心くん知ってて来たんじゃないの?」


「ごめん、知らない」


ケラケラ笑う灯心くん。


「あ、俺服かいたいんだよね」


「じゃあ、服屋行こ」


「せっかくだからお揃い買う?」


「ええやん!買お買お!」


志麻がとてもハイテンションのまま、服屋へ向かった。




色々なものを見た結果、お揃いのものは、黒にそれぞれのイメージカラーの髑髏がプリントされてあるパーカーにした。



そのあとゲームセンターに戻り、みんなで対戦もしたりした。


俺は全勝だったよ(どやっ)




クレープを買ってみんなでお互いの食べたり、Twitter用の写真と、普通に保存用の写真を撮って、そのまま夜ご飯も食べた。




時刻を見ればもうそろそろ19時になる頃で、解散となった。



「今日はありがとう、楽しかった」


「こちらこそ。次は絶対月魅に勝つ。灯心くんも頑張ろうな!」


「うん、笑 じゃあ、また今度遊べるとき遊ぼうね!」


「うん、バイバイ」

「またね」

「ばいばーい」




志麻とラインも交換して、いつでも連絡がとれるようにした。


にしても、久々にゲームしたから、やっぱり腕が鈍ってたなあ…帰ってまふくん暇だったらSkype繋いでゲームでもしようかな。


そう思ってスマホの電源をつけると、通知が30件近くきていた。


誰だろうとひらくと、【まふくん】の文字



何かあったのかな…?

[26]→←[24]



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (805 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2316人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

尾弔(プロフ) - あえなめこさん» ぜひ来てください! (11月24日 12時) (レス) id: 6504b61ee3 (このIDを非表示/違反報告)
あえなめこ(プロフ) - 尾弔さん» わぁぁありがとうございます!!また話題があればお話しに来てもいいですか…? (11月24日 12時) (レス) id: 19f25aab35 (このIDを非表示/違反報告)
尾弔(プロフ) - あえなめこさん» お仲間同盟ですね!(?)構いませんよ◎ (11月23日 22時) (レス) id: 6504b61ee3 (このIDを非表示/違反報告)
尾弔(プロフ) - あまおうしゃん。さん» ありがとうございます。良い作品を作れるように頑張って更新します。 (11月23日 22時) (レス) id: 6504b61ee3 (このIDを非表示/違反報告)
あえなめこ(プロフ) - 尾弔さん» なるほど、それじゃあお仲間ですね。そうなんですね!図々しいかもですがお名前を呼んでもよろしいですか…? (11月23日 20時) (レス) id: 19f25aab35 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:尾弔 | 作成日時:2018年4月12日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。