占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:613 hit

1話 ページ4

カミサマが話してくれた(設定)のことを。


大体は理解出来た。

カミサマはいじわるなのかな…こんな私にもう一度生きろとか…


私の過去…はこんなのだ

母は優しい人だった。
父は私のことを生きる価値のないガキだとよく、口にしていた。

母はいつも私を守ってくれた。父の言葉にそんなことないよ。といつも笑ってくれた

父は借金にまみれ逃げてしまった母はその時にあまりのショックに事故にあってそのまま…

残された私は家もなく母の形見である母の鍵を首に下げ歩いていたら…今に至る

2話→←設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:夜桜 | 作成日時:2018年4月17日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。