占いツクール
検索窓
今日:43 hit、昨日:120 hit、合計:42,003 hit

練習 ページ5

二年生達は中々個性が強かった

いや、呪術師ってみんな、こんなもんだよな

私は既に気にしないでおいている

えっ?交流会?

上から術式なしなら出ていいっていわれた

あと、体術限定だよ?

遠距離戦に関しては禁止っていわれたな

いつの間にか恵君が帰ってきた

「…灰羅さんと禪院先輩は呪術師としてどんな人達を助けたいですか?」

「あ?別に私のおかげで誰が助かろうと知ったこっちゃねぇよ」

「甘い考えだとわかっているけど私は呪いに苦しんでいる人を助ける。例え善人だろうが悪人だろうが救いを求めてないとか関係なく。誰かにとっての悪人でも家族とかによっては悪人の定義に当てはまらないから」

「灰羅さんだけ参考になりました」

「あ"ぁ?」

真紀にきいといてそれはないだろう、恵君

君、何気なく先輩には失礼だよな……

「伏黒ォ‼!灰羅さん‼」

野薔薇ちゃん、そういや、制服だったわ

「面接対策みたいな質疑応答してんじゃないわよ‼
交代‼もう学ランはしんどい‼
てか灰羅さんもジャージ持ってんのかよ‼しかも可愛い‼高級ブランドじゃん‼私にも可愛いジャージを買いに行かせろ‼」

「えっそうなの?あっこれ?勝手に五条が勝手にかってきたの」

「マジかよ。そのジャージ、何十万もする代物だぞ!灰羅さんに買ってくるなら私のもかってこいや!あの白髪目隠し!」

「マジかよ。あいつ、バッチリ貢いでるな…」

「しゃけ」

「灰羅さんには弱いですからね。なにかとあの人」

そんな会話が行われた

「あの2人は何してんですか?」

パンダに捕まって叫びながら放り投げられた

よく、あんな状況で叫べるな、野薔薇…

「灰羅は知らんがお前ら近接弱っちいからなぁ。まずは私らから1本取れ。話はそれからだ」

誤解→←誰かの知らない間に



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (70 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
235人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

心持ち - お返事ありがとうございます!少なくとも私この作品好きです、頑張って下さい! (11月22日 22時) (レス) id: 6c4e6d0421 (このIDを非表示/違反報告)
不思議の国の有栖さん(プロフ) - ありがとうございます (11月22日 13時) (レス) id: a768fd0174 (このIDを非表示/違反報告)
心持ち - 続編おめでとうございます!とても面白いです!これからも無理の無いよう更新頑張って下さい!! (11月21日 23時) (レス) id: 6c4e6d0421 (このIDを非表示/違反報告)
不思議の国の有栖さん(プロフ) - ありがとうございす (11月21日 8時) (レス) id: a768fd0174 (このIDを非表示/違反報告)
希乃夏(プロフ) - 続編おめでとうございますぅぅぅぅ!!!!これからも更新楽しみにしてます! (11月21日 8時) (レス) id: 1e5270c5a5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:不思議の国の有栖さん | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年11月21日 6時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。