占いツクール
検索窓
今日:57 hit、昨日:596 hit、合計:138,538 hit

36 ページ37

.



_ピンポーン


インターホンを押すと、暫くしてドアホンから声が聞こえてくる。


「はい」


『陽向蓮です。少しお話したいんですが…』


「…分かりました」


俺はその家を眺める。


でっけー家だな〜……


表札には「工藤」の文字が彫られている。


_ガチャ


玄関のドアが開き、糸目で眼鏡をかけた男が出てきた。


『どうも、はじめまして…沖矢昴さんだよな…』


沖「えぇ、」


『でも、はじめましてじゃ無いよな……?』


ニヤリと笑って見つめると、沖矢昴は口の端を上げた。


沖「立ち話もなんですし、中へどうぞ?」


『…お邪魔します』



__________


 

客間に通され、お茶が出される。


『……盗聴器の類は付けて無いし、あんたも俺と
 話したいなら、その変装を解けよ』


沖「フッ、やはり知っていたか…」


沖矢昴の顔が剥がれ、赤井秀一の顔が現れる。


赤「安室君から聞いたのかな?」


『いや、資料から自力で調べたんだ』


赤「ホォ〜…」


赤井は関心したように腕を組んで俺を見る。


『それで、聞きたいことが_』


赤「その前に君もその仮面を取ったらどうだ…
  これじゃあ50:50じゃないだろ?」


そう言われ、一瞬押し黙る。


『悪いけど、それは_』


赤「なら、俺から話す事は無い」


赤井は冷たくそう言った。

どうしても聞きたいことがある………
だからそれは困る。


『………はぁ、分かった』


赤「嬉しいよ」


優しく笑う赤井を見て、優しいやつなんだとおもった。


『……聞きたいことは、スコッチの事だ』


赤「!……君は彼の友人か?」


……友人


『……分からない。ただ、高校からずっと一緒だ
 った』


俺なんかが、あいつの友人を名乗っても良いのだろうか………


赤「……そうか」




『俺が聞きたいのは……


 スコッチが死んだ場所だ………』





.

37→←35



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (152 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
595人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

猫月(プロフ) - 椿さん» 椿さん!ありがとうございます!(≧▽≦) 続編も面白いと言って頂けるように頑張ります! (6月17日 21時) (レス) id: 85f4679baf (このIDを非表示/違反報告)
椿(プロフ) - だんだんと面白くなってきました(≧∇≦)/ (6月17日 21時) (レス) id: 54938a211f (このIDを非表示/違反報告)
猫月(プロフ) - 椿さん» ありがとうございます!無理しない程度に頑張ります!(≧∇≦)b (5月23日 23時) (レス) id: 85f4679baf (このIDを非表示/違反報告)
椿(プロフ) - テストお疲れ様です(≧∇≦)/無理しないで下さいね (5月23日 21時) (レス) id: ab7495b6bc (このIDを非表示/違反報告)
猫月(プロフ) - そう言って頂けてとても嬉しいです!( ;∀;) テストも終わったので、毎日更新出来るよう頑張ります!(≧∇≦)b (5月23日 20時) (レス) id: 85f4679baf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:猫月 | 作成日時:2019年5月7日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。