占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:136 hit、合計:49,627 hit

No.8:* ページ8

Aの脱出があった日から無惨は童磨に、監視を厳しくしろと命じた。


童磨はその命令に従い、ずっとAの傍にいて、何度も話しかけた。

童磨はAのせいで眼球を抉られても特に変わらずにAと接した。


それがどれだけ不毛な会話であっても。

一方的な会話は続いた。



ある日童磨は言った。


もう一度脱出してみるといい。

君が脱走した時から2年経過している。きっと無惨様は以前よりも君を信用しているだろう。



それに、と童磨は続ける。


Aはまだ人間の部分も残ってはいるが、鬼にぐんと近づいた。

運動神経が良くなった。

血鬼術も使えるようになった。



居場所を隠す血鬼術で、無惨様に気づかれることはない。


だから今日は、無惨様に殺してもらうことを目的にせず、


__人間に殺してもらうといい。



するとAは安心したように頷く。そして、

『…ありがとう』


それが初めて童磨に見せた、Aの笑みだった。


Aの笑みを見た後、童磨は今までに感じたことの無い、何とも言えない感情に襲われた。



__


結局Aは人間に殺してもらうことも叶わなかったが、代わりに優しい人間に会ったと嬉しそうに話した。

それからAは無惨のいない時間を見計らってほぼ毎日、その人間の元へ行くようになった。


その人間のことを聞くと彼女の顔は優しくなる。

自分とは違う感情をしっかり持つ人物に、彼女はなった。


確実に変わった彼女を見て童磨は。


嬉しさと、彼女の笑顔を見るのは俺がよかったと無意識に思うよく分からない感情を手に入れた。





その感情の名前を、



童磨は知らずに今日も生きる。

No.9:無限城→←No.7:童磨の恋



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
92人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 我妻善逸 , 鬼化
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作成日時:2020年1月23日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。