占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:9 hit、合計:6,532 hit

溺愛:1 ページ1

ジリリリリリリリリリリ!!


家の中、同時に目覚まし時計のベルが鳴り出す時間。

6:30


「うるさっ……ん、」



私は重い体を起こし、目覚ましをとめた。

徐々に、うるさかった音が小さくなってくる。

そして、皆起きてきて、一斉にドアを開ける。


(ガチャッ)




『あ、ころ兄……はよ、』




こ「おはよ、まだ鳴ってんの誰。」




さ「毎回のことだよねこれwwいい加減覚えなよw」




ジ「皆で起こしに行くか〜」




今集まっているメンバーは

ころん 莉犬 さとみ ジェル兄だ。


なー兄は私たちよりも1時間早く起き、私たちの朝ごはん、お弁当を作ってくれる。

面倒見のいいお兄ちゃんだ。


6時半にその他私を含め6人が目覚める。


私の部屋の右隣に一部屋左どなりに2部屋、あり

向かいには4部屋。







↑こんな感じの作りだよ〜。







コンコンとノックをし、部屋の中に入る。




『るぅと兄早く起きて〜』




る「ん、、ぴーゆーびーじぃ……」




さ「こいつ…ぜってぇ、夜遅くまでPUBGしてただろ、」





ジ「まじかよw今日中間w」





こ「ぜってー赤点とるでしょ、るぅとwwwww」





れい「てか、今日すとぷり公式生放送じゃなかった?ww」





莉「うわぁ…るぅと…寝るわ…うわぁ、」






『みんな起きてるー??』



皆で喋ってると、下(1階)からなー兄の声がきこえた。



ジ「なー兄ー、るぅと起きないー」




『えーまじー?俺今日生徒会の仕事あんのに…、わかった、皆先に食べちゃって』




と、私たちに一声かけ上に登ってきたエプロン姿のなー兄。





れい「なー兄おはよ〜」





な「れいおはよ、あ、れい口元ニキビできてる。」





れい「うそっ!」






私は、すぐに自分の部屋に走った。



自分の部屋にある鏡で口元を見ると、


なー兄の言う通り、にきびがあった。



こ「え、なに、お前にきび出来たの?wwwwww」



さ「女子力の欠片もねぇなお前www」







れい「うるさいなぁwwwwwてか、早く下行こうよw 」





莉「にきびちゃんお腹空いたー早く行こ〜」






れい「てめぇ………殺す(小声)」







ジ/こ/さ「wwww」





莉「何笑ってんの…きも、」









「いただきまーす!」




私たち5人(ころん、さとみ、ジェル、莉犬、れい、)


それぞれの定位置につき、箸を進めた。

溺愛:2→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (43 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
170人がお気に入り
設定キーワード:溺愛 , シスコン , すとぷり
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ルル - 莉犬くん可愛すぎる莉犬くんみたいなお兄ちゃん欲しい (10月13日 10時) (レス) id: f6829bb9f6 (このIDを非表示/違反報告)
れいp - おもしろかったです!これからも更新頑張ってください! (10月1日 22時) (レス) id: 7bc5edbfe3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:れい | 作成日時:2018年5月26日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。