占いツクール
検索窓
今日:529 hit、昨日:1,027 hit、合計:385,623 hit

糖分35% ページ35

.







何とかして実弥さんを寝かせ、看病をしていると、あっという間に夕飯時になってしまった。






今日はお粥がいいかな…






そう思い実弥さんを見ると、すっかり寝てしまっていた。






寝顔は穏やかで、少し幼く見えた。









お粥を作りおわり、実弥さんを起こす。






『お粥です。食べられますか?』






実「ん。食う。」






私の料理は好きだと言ってくれた。






パクパク食べてくれる実弥さんに、いつも嬉しくなるのだ。








お粥も食べ終わり、一息ついた頃。実弥さんはまた寝てしまった。






さっき熱を測った時もまだ熱かったし、相当しんどいんだろうな。






寝ている実弥さんの傍について、汗を拭いたりしていたけれど、そろそろ帰らなければ行けない時間だし。






でも起こすのは気が引ける。






私はそっと、さよなら、と言って立ち上がった。






いや、正確には立ち上がろうとした。






着物の裾を引っ張られ、また座り込んでしまう。






実「もう帰るのかァ」







『だってもうすぐ12時ですよ?私は何時まででも構いませんけど…実弥さん、門限必ず守るから…』






実弥さんは以外にも、そういう所は律儀に守る。






良いんですか?と聞いてみる。






彼は、少し眉間に皺を寄せた後、私をキュッと抱き寄せた。






実「離れたくねぇ…」







ポツリとそう洩らす実弥さん。







普段の彼なら絶対にしない行動に、少し面食らってしまう。







『じゃあ、今日は一緒に居ますか?』






そう提案すると、実弥さんはコクリと頷いた。







一緒に布団に入る。







実弥さんが寝たらそっと抜け出そうと思っていたのだけど、いつの間にか私も寝てしまっていた。

糖分36%→←糖分34%



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (241 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
707人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 不死川実弥   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

yurirol0305(プロフ) - なしなつさん» 私も実弥さん最推しです!! (10月31日 20時) (レス) id: 9e39a449bb (このIDを非表示/違反報告)
なしなつ - ハァァァァ尊い…!!不死川好きだわぁ… (10月31日 20時) (レス) id: 737edd5ad9 (このIDを非表示/違反報告)
yurirol0305(プロフ) - 月さん» ありがとうございます!好きだと言っていただけて、嬉しいです! (10月24日 0時) (レス) id: 9e39a449bb (このIDを非表示/違反報告)
- この作品が好きです。頑張ってください! (10月23日 22時) (レス) id: 72108a1f6d (このIDを非表示/違反報告)
yurirol0305(プロフ) - ミリアさん» はい!実はこの作品、少し伏線を散りばめているんです!後後明らかにして行きますが…実弥さんもまだ隠し事いっぱいですしね…もっと2人の距離を近づけていく予定です! (10月18日 23時) (レス) id: 9e39a449bb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:yurirol0305 | 作成日時:2019年9月29日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。