占いツクール
検索窓
今日:167 hit、昨日:481 hit、合計:601,551 hit

1:みかけによらないおうじ ページ36

.






「ほら、ここならずっと話ができるでしょ?」





そう言って連れてこられたのは、屋上。

まふくん以外にもこうやって
屋上を有効活用している人がいたなんて。

というより、私が人目を嫌うのをわかってここへ連れてきてくれたのだろうか。
だとしたら、この人は優しいんだか優しくないんだかよく分からない。



luzさんは、サラサラな前髪をかきあげる。

私がその仕草に思わず見とれていると、
それに気づいたluzくんは妖艶に笑った。

あわてて目を逸らせば
「ずっと見ててもいいのに。」なんて声。






頼むから少し黙っててくれ。

静かだったら、すごい魅力的な男性だったのに。
───── いや、それ以前に私のタイプなんかこの人には関係ないか。






へへへ、とさっきとは打って変わった可愛い笑顔を浮かべる彼に、どうしたらこの人の興味が改善されるのだろうか、なんて

そんなことを冷静に考えていた。







「何食べようとしてるの?」


「え、飴だけど。」

「俺にも1個」

「無理。もうこれしかないもん。」

「それをくれればいいやん。」

「ダメなものはだめ!」





私はそう言って、飴を含むとガリッと噛んだ。

なんで噛んじゃうの、なんて表情をluzくんにされた。




一気に、甘さが口内に広がるこの瞬間は
私が幸せになれる時間のうちの一つ。
だから、誰がなんて言おうと飴を噛むことは止められない。



あぁ、早くまふくんに会って
癒されたいものだ。






まふくんと会うことは、もう私の幸せになれる瞬間のひとつになっている。

まふくんの言葉は、
飴よりも甘い。


.

2:かんけいない、おうじ→←2章:それからのおうじ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (706 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2478人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , まふまふ , luz
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 久しぶりに占い小説を読みにきたらとても素敵な作品に出会いました(;_;)癒されました!続編公開されるの待ってます。ありがとうございます。 (12月17日 10時) (レス) id: a299bbd4dd (このIDを非表示/違反報告)
あいら - コメント失礼します!続編公開されるの楽しみにしてます!色々あると思いますが、更新頑張って下さい! (12月16日 19時) (レス) id: dc7651691b (このIDを非表示/違反報告)
るぅ - コメ失礼致します!!もしよろしければ続編の方のパスワードを教えていただけないでしょうかm(*_ _)m (12月15日 22時) (レス) id: 220db08f4a (このIDを非表示/違反報告)
- コメント失礼致します。もしよろしければ続編のパスワードの方教えて頂けないでしょうか? (12月10日 20時) (レス) id: 59d9ee8278 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - コメント失礼します。続編を読ませていただきたいのですが、よし良ければパスワードの方教えていただきたいです (12月9日 14時) (レス) id: 8a248c446d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆんた | 作成日時:2018年6月19日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。