占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:60 hit、合計:217,296 hit

第5話 ページ5

政府御用達の病院を出ると、すぐ前に止まってた高級車…そう、リムジンがあり人生初リムジンに乗り込んだ。

「このまま政府に戻りA さんの身支度を済ましてから問題の本丸の方に送りますのでそれまで寝ていてください。」

時刻はもう夜中の1時

緊張と疲労が重なって疲れてたのですぐ寝れた。

政府についたのは朝方の6時

そのまま半寝の状態で政府の人に手を引かれ女の役人さんにパスられた私はまるでボールのようだった。

そこからはとても早かった。

元々結んでいたお団子をもう1度高い位置で結び直してもらい、巫女服と呼ばれるものを着せてもらうとゲートに押し出された。

目がはっきりと覚めた頃にはとある本丸の前にいた。

『ここどこだ…?』

一言ぼそりと呟いた。
その時今までのことがサラサラと音を立てるかのように流れ込んできて思い出させてくれた。


(あっ、そうだ。パパの代わりで私が働いてるんだった。)


『でもなんで巫女服なんだろう。政府っていえばスーツじゃないの??』

そんな独り言を言いながら立ち上がるとすぐ後ろにこんのすけと呼ばれる目のでっかい狐とでっかい門がそびえ立っていた。

第6話→←第4話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (149 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
419人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 女主 , ブラック本丸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

犬将軍(プロフ) - 面白いって言われると励みになります!初作品なので不安ばっかでしたが皆さんにそう言って頂けてとても嬉しいです!ありがとうございます! (12月12日 7時) (レス) id: 9f4a7e2e11 (このIDを非表示/違反報告)
ユー - 面白いです!これから、続きが楽しみです!更新、頑張ってください! (12月11日 16時) (レス) id: 51d1ba9355 (このIDを非表示/違反報告)
鶴じい - お・も・し・ろ・い!! (12月11日 14時) (レス) id: a5977de54d (このIDを非表示/違反報告)
犬将軍(プロフ) - ありがとございます!そう言っていただけると嬉しいです!これからもよろしくお願いします! (12月10日 18時) (レス) id: 9f4a7e2e11 (このIDを非表示/違反報告)
メンタル弱い系人間 - 大変面白いと思います!!応援してます!! (12月10日 13時) (レス) id: b29f2ff52e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:犬将軍 | 作成日時:2017年12月8日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。