占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:2,434 hit

第38話 お前かよ ページ39

A「ん…お兄ちゃん…?」

頭を撫でられている感覚に目を開けると、お兄ちゃんが微笑んで、私の頭を撫でていた。

ノーマン「ごめん、起こしちゃった?」

A「ううん、大丈夫だよ!さっ、朝ごはん行こっ!」

私は起き上がって、お兄ちゃんの手を引っ張って、食堂に向かった。

食堂に入ると、既にみんなが集まっていた。

A「おはよー!」

エマ「おはようノーマン、A!」

ノーマン「おはようエマ。」

ごはんを食べて、勉強(テスト)を受ける。

ママ「すごいわ、3人共!また満点!」

A「うー…」

私は返されたテストを見て、唸っていた。

レイ「今日は何点だったんだ?」

A「255点…」

エマ「すごいじゃん!前より上がってるよ!」

A「そうだけど…私は早くお兄ちゃんに追いつきたいんだよ〜!こんな点数じゃ、まだまだだよ…」

エマ「ねぇ、ずっと気になってたんだけど、なんでそんなにノーマンに追いつきたいの?」

A「…なんでだろうね。」

私はそう笑った後、お兄ちゃんを見た。

自由時間、いつもみたいに集まる。

エマ「それで?ダミーのロープはどうだったの?「情報源」は?」

ノーマン「…」

レイ「ああ、アレな。俺。」

A「えっ」

レイ「俺がママの内通者(・・・)です。」

エマ「お前かよ!!!」

ザァァ…

エマ「ごめん…思わずツッコんじゃったけど、ちょっと理解が…」

A「右に同じく…」

混乱している私とエマを見て、レイは笑いを堪えていた。

ノーマン「はい!説明させて!」

お兄ちゃんが、内通者(レイ)のことを話してくれる。

エマ「つまり、内通者って言っても、敵じゃなくて」

A「私達のために、ずっとママの手下をやってたってこと?」

ノーマン「うん…」

レイ「本当は、門から帰って来たお前らに、すぐ打ち明けるつもりだったんだけど…「リトルバーニー置いて来る」とか「全員で逃げる」とか、色々予定外が重なって。」

エマ「うっ」

A「ごめん…」

レイ「ママに気づかれ、制御しなくちゃならなくなったし、お前らも無茶して暴走しそう…じゃあここは黙って、どっちも制御しとこう──的な?」

A「つまり私達のミスをカバーしてくれてたってこと?」

エマ「そして「全員」には、裏から止めに走るほど反対してたんだね。」

第39話 一人じゃない→←第37話 悪夢



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
設定キーワード:約束のネバーランド , ノーマン , レイ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:苺の花 | 作成日時:2019年6月6日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。