占いツクール
検索窓
今日:255 hit、昨日:319 hit、合計:202,195 hit

意味 ページ8

.

Aside



ビルの自動ドアを潜って
その目の前に止まってたタクシーに乗り込む。


玲於くんは何やら行き先を運転手さんに伝えて、私の隣にどかっと座った。


それを合図にタクシーは動き始めて。




しばらくタクシーに揺られ、着いた場所はというと。




A「…結局ご飯じゃん!」


玲於「いいでしょ。ほら、行くよ。」




玲於くんは、私のことを何だと思っているのだろうか。


いきなり連れ出す玲於くんに
ひとこと文句言いたいという願望を抱きながら

私は彼のあとについて店内に入った。




今回のお店は、お寿司屋さん。


すごく隠れ家的な雰囲気のお店で、私ひとりじゃ入れなさそうな見た目。



隣の玲於くんも初めてのお店らしく、
へえ、なんて呟きながら店内を見回した。



個室、奇跡的にひとつ空いてて
そこに案内される。


お互い席について、メニューを開いた。





玲於「A、何食べる?」


A「…いっちばん高いやつ。」


玲於「お前ね。笑」




冗談で言ってみれば、容赦ねえなって笑う。


その声には
さっきの不機嫌な雰囲気は全くなくて。




ホントに、さっきの出来事は何だったんだ?




A「…玲於くん。」


玲於「ん?」


A「さっき、なんで怒ってたの?」


玲於「別に、怒ってないけど。」


A「不機嫌な声してた。」


玲於「気のせいだよ、気のせい。」




ほら、早く選べ、って話しそらされる。


そんな玲於くんの反応に
なんだかスッキリできずにいると。




玲於「…まあ、なんか、ちょっとムカついただけ。」


A「…え、」


玲於「特に意味は無いよ。」




メニューから視線を逸らさずに
何食わぬ顔で、玲於くんはそう言った。




,

特別な感情→←予定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (189 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1738人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

らな。(プロフ) - xxさん» やっとレスの不具合直りました!(TT)ですよね、ヤキモチですよね!!素直になれよ!って書きながら突っ込んでます。笑 うじうじさせてるのは自分なんですけどね。笑 (9月30日 13時) (レス) id: 3fd04ece2f (このIDを非表示/違反報告)
らな。(プロフ) - ちはさん» いつもありがとうございます(*^^*) そろそろ玲於くんが気持ちを認める頃ですかね...?笑 (9月30日 13時) (レス) id: 3fd04ece2f (このIDを非表示/違反報告)
らな。(プロフ) - ど根性オレンジさん» やっと!!やっと!返信でしました!!もうそれのことについて話したくて話したくて!笑 私は11月に受験があるので、頑張った御褒美に〜、ってねだろうとか思ったりですね←ダメ 同じく金欠なので。笑 (9月30日 13時) (レス) id: 3fd04ece2f (このIDを非表示/違反報告)
xx(プロフ) - いや、意味しかないよ!!笑ヤキモチじゃん!嫌だったんじゃん!それは好きじゃん!意味しかないよ!笑笑 (9月11日 23時) (レス) id: 1ca80b54b4 (このIDを非表示/違反報告)
ちは - 移行おめでとうございます!お互いに早く自分の気持ちに気付いてー!とムズムズしながら楽しく読ませてもらってます笑更新頑張ってください! (9月11日 8時) (レス) id: 3456c85cde (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らな。 | 作成日時:2018年9月9日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。