占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:11 hit、合計:53,026 hit

・JM ページ38

-------------------------------
20XX年 11月30日。



ジミン「は、、。」





面会室で待っていた僕のもとへ





Aさんが現れた。









ツカツカとハイヒールの音を鳴らし
早足で


長い黒のコートをたなびかせ




僕の方へ向かってくる…。








すごく
カッコいい。。。






A「おまたせ。ジミン君。」





僕は慌てて立ち上がった。






ジミン「お忙しい中すみません。」




A「いえ。





そんなことより
顔色いいね。




どう?




元気にやってる?」








長いサラサラの髪がすっと流れた。






ジミン「はい。」








A「よかった。」







僕は
緊張した。





会えて嬉しいはずなのに
ドキドキしてうまく話せない。







A「今日はどうしたの?」







ドキドキ…






Aさんは
なんというだろう、、。









ジミン「あの…



今度




いつか…」








まっすぐな瞳。



刺すように僕に突き刺さる。








A「?」







ジミン「いつか、、、



僕と







しょ、、、」








息が…







A「!



ジミン君?」







ジミン「ぁ、、、し、、しょくじに、、」







最悪。



僕はどうして
こんなに



カッコ悪いんだ。









断られるのが怖くて





言えない、、、。なんて









A「いいよ?」









------



??!







ジミン「ぅえッ!!?」








い、、、い、、、今

なんて…








A「食事でしょ?




いいよ。



ご馳走してあげる!」









嘘だろ------。



震えた。







A「あれ?違った?」







Aさんの顔

子供みたいだった。








ジミン「ご、ごちそうなんて!!




僕はただ、、、














A「うん?」







今度は全てお見通しの顔。









ジミン「一緒にいたい///」

・YOU→←・YOU



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (114 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
326人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:life | 作成日時:2017年9月5日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。