占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:39 hit、合計:5,612 hit

. ページ23

.








『それでも……ッ







そんな私に、光を与えてくれた人が…



信頼してくれた人が……



良い友だと言ってくれた人が……‼












.









私を、愛してくれた人が…いるから………ッ‼‼』








私は、今までに出たことのない大量のオーラを身に纏い、それを掌に溜めていく。








『だから‼‼‼









私は………貴方に、勝つッ‼‼』









私は、ルブゥに掌に溜めた巨大なオーラを一気に放った。









ゴゴゴゴ……‼‼





ルブゥ「ッ……‼」







『見せてあげる


三つ目の選択肢の結末……









.









.









.









"トゥルーエンド"を‼‼‼』









ドガァァァァアンッッ‼‼‼‼









.









.









.









大きな爆発音も止み、煙と崩れた瓦礫の破片がポロポロと落ちていく様子が見える。








煙が薄くなり、ようやくルブゥの姿を視界に捉えることができた。







『…………貴方が死ねば、この劇は終わる』






瓦礫に埋もれ、まだ意識があるルブゥにそう言う私。






ルブゥ「………………








は、は……








これが、トゥルーエンドかぁ…」






私はルブゥに一歩一歩近づく。






ルブゥ「この悲劇の死人は、主催者側の僕達……







……クク、ッハハハハハ‼‼




これもこれで、オモシロイ終結だなぁ…‼」







私はルブゥの心臓の位置に手の先を立て、無言でただルブゥの話を聞いていた。








ルブゥ「……何故、直ぐに殺さない?」






『………だって、貴方は……


この劇を楽しみたかっただけだもの








…その劇が終わった今、貴方が私に何かすることは無い』






ルブゥ「………まぁねー









…じゃ、早く殺してよ」







…なんだか、この場面は…デジャヴだ







今のルブゥがさっきの私で、
今の私がさっきの…キルア






ただポジションが違うだけ







『……じゃ、さよなら』








唯一違うのは………感情だろうか。









グサッ






ルブゥの心臓に手を突き刺す。









ドクドクと鳴る心臓は、だんだん静かになっていく。









私は、ルブゥの瞳から光が失われるのを確認してからゆっくりと手を抜いた。

最終章 真実の結末→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
23人がお気に入り
設定キーワード:HUNTER×HUNTER , 幸福と不幸 , 特別編
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しゃーぺん@彩(プロフ) - NIT姉貴さん» おお…神よ…!! (8月15日 10時) (レス) id: 0a0b323a42 (このIDを非表示/違反報告)
NIT姉貴(プロフ) - しゃーぺん@彩さん» ファントムルージュとかマジで大好きです。   好きなように書くが良い…(天からお告げ) (8月15日 6時) (レス) id: 0d6dd62184 (このIDを非表示/違反報告)
しゃーぺん@彩(プロフ) - NIT姉貴さん» ファントムルージュとかどうでしょう!?めちゃくそ書きたいです…! (8月14日 23時) (レス) id: 0a0b323a42 (このIDを非表示/違反報告)
NIT姉貴(プロフ) - なんかもう…泣いた←    ここまで来たなら映画のほうも見てみたいですね。(負担かけ発言) (8月14日 21時) (レス) id: 0d6dd62184 (このIDを非表示/違反報告)
しゃーぺん@彩(プロフ) - レイさん» こちらこそ、読んでくださりありがとうございました! (8月14日 12時) (レス) id: 0a0b323a42 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しゃーぺん@彩 | 作成日時:2019年8月8日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。