占いツクール
検索窓
今日:31 hit、昨日:33 hit、合計:5,674 hit

. ページ15

.







『………っ、………ッ』






ルブゥ「結局、君の居場所はここにしか無いんだよ」







部屋に入った私を慰めるように、私の頭を撫でながらそう言うルブゥ。








『……………』




ルブゥ「劇の主役が黙ってちゃ、つまらないじゃない







……ほら、悲劇はまだまだこれからだよ」







そう言って窓の外を見るルブゥの視線の先を追うように、私も窓の外に視線を移す。







そこには、"神速(カンムル)"の状態でこの城へと走ってくるキルアの姿があった。







………きっと、私を殺しに来たのだろう。







私を殺された恨みを晴らすために、私を。








………なんだか、自分が誰なのか分からなくなってきた。









私……私って?








私って……誰…?









ドゴォォォオンッ‼‼‼







ものすごい破壊音が隣の部屋から聞こえ、ルブゥは耳を塞いだ。







ルブゥ「うわぁっ、うるさッ‼



てかもうここまで辿り着いたんだ〜…!やっぱりやるねぇ、あの子」







バンッ‼‼







勢いよく扉が開かれ、私はゆっくりとそちらに視線を移した。







キルア「……………見つけた






殺す」






ルブゥ「…ふふふふ、面白くなってきた…!






じゃあ僕はここで失礼するよ!」





ルブゥがそう言い指を鳴らすと、空間が歪んで扉が現れた。






………ルークも、何処かで見ているのか。







まぁでも………もういいや、何だって。








何もかも、どうでもいい









キルアは私の首根っこを掴み床に叩きつけ、馬乗りになった。









キルア「一瞬で殺すのじゃ、足りない






じっくり痛めつけてから……殺さねェと」








キルアは私の首を両手で絞め、グッと押さえつけた。







『ッぅぐ……‼』







……あぁ…そうだ。







この人は………私の愛する人。







キルア「……ックソ……何でだよ……‼‼」






ギリギリ…







キルアもまた、私を愛してくれていた









…………なのに、









『……キ、ル……ぁ……』

キルア「喋るな」





ギリギリッ








私の最期がこんなって………いくらなんでも、酷すぎるよ









『……ご、めん……な"さ…ぃ…







でも…おね、がい………こ、れ…だけは……ッ言い、たい……の…』

.→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
23人がお気に入り
設定キーワード:HUNTER×HUNTER , 幸福と不幸 , 特別編
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しゃーぺん@彩(プロフ) - NIT姉貴さん» おお…神よ…!! (8月15日 10時) (レス) id: 0a0b323a42 (このIDを非表示/違反報告)
NIT姉貴(プロフ) - しゃーぺん@彩さん» ファントムルージュとかマジで大好きです。   好きなように書くが良い…(天からお告げ) (8月15日 6時) (レス) id: 0d6dd62184 (このIDを非表示/違反報告)
しゃーぺん@彩(プロフ) - NIT姉貴さん» ファントムルージュとかどうでしょう!?めちゃくそ書きたいです…! (8月14日 23時) (レス) id: 0a0b323a42 (このIDを非表示/違反報告)
NIT姉貴(プロフ) - なんかもう…泣いた←    ここまで来たなら映画のほうも見てみたいですね。(負担かけ発言) (8月14日 21時) (レス) id: 0d6dd62184 (このIDを非表示/違反報告)
しゃーぺん@彩(プロフ) - レイさん» こちらこそ、読んでくださりありがとうございました! (8月14日 12時) (レス) id: 0a0b323a42 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しゃーぺん@彩 | 作成日時:2019年8月8日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。