占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:8,775 hit

ごじゅうご ページ14

『ていうかうち生きてるからね…大丈夫だよ。』


三郎「あ…なんだ…吃驚させないでください」






『えへへ。』




三郎「えへへって...というか




今日はどこいってたんですか?」






『シブヤで乱数とデートしてた。』





三郎「え、シブヤの乱数って…飴村乱数ですよね?」



私が言うと少し表情が強張るさぶ。



『ふふ、私のこと心配なの?さぶ。』




三郎「っ…まぁちょっと…」




『あっははっ、乱数意外と面白いよ?


ちょっと普通あんまりいない感じの性格なだけだよ。』




三郎「そういう性格だから心配なんですよ。」




と少し俯いて言うさぶ。




『うーん。やっぱりさぶかわいいね。』




と、くしゃっとさぶの頭を撫でると





やめてくださいっと頭を押さえるさぶ。




すると後ろのドアからガチャ、と音がする。





二郎「ただいま。鍵しまってなかったぞーって


なんで玄関にいんだ?中入れよ。」



三郎「うるさいっ!お前に指図されたかねぇよ!」



二郎「ああ"?んだと三郎!」



あー、また始まった…なんてため息をついて二人を押さえる。


『はいはい喧嘩しない喧嘩しない。







またたんこぶ作りたいのー?』





二郎/三郎「それはやだ!/それは嫌です!」


揃って言う二人に小さな声で


『ふは、仲良しじゃん。









さ!二郎も帰ってきたし!







いちが帰る前にご飯作んなきゃ!』






三郎「僕も手伝います。」



二郎「オレもー」


『ありがとー』

ごじゅうろく→←ごじゅうよん



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (16 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
64人がお気に入り
設定キーワード:ヒプマイ , イケブクロ , 山田家
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:キャキャン | 作者ホームページ:http://NOZONOZO0509  
作成日時:2019年2月20日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。