占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:8,775 hit

ごじゅうに ページ11

キキーっと音を立てて止まる電車





イケブケロについた





私の乗る最後の電車で良かった








男の顔はさっきよりも増して青い




額には汗が止まらないようだ


私が掴んでる手は震えていた




私が震えたいくらいなのに







あーあ、今日晩飯当番なんだけど




遅れちゃうなぁ





少しイラついて男を掴む手に力を入れる





男はビクついて私の顔を慌ててみる





完全に止まった電車の扉が開く





持ち物はリュックに入れているから手は自由なのだ




今は男の手を掴んでいて片手が不自由だ




開いた扉に向かってずんずん歩いていく




『速く歩いてくれる?




私用事があるの』



「は…はい………」






何怯えてんだか





お前がやったことなのにね。






早歩きで階段を駆け上がり駅員さんの方に行く




『お忙しい中すみません駅員さん



この男痴漢しました


私の尻とか触ってきたんです


警察に連絡お願いします』



ほぼノンブレスで話したせいか



駅員さんは驚いていたが



直ぐに電話を取り警察に連絡してくれた

ごじゅうさん→←ごじゅういち



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (16 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
64人がお気に入り
設定キーワード:ヒプマイ , イケブクロ , 山田家
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:キャキャン | 作者ホームページ:http://NOZONOZO0509  
作成日時:2019年2月20日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。