占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:9,927 hit

34話 ページ36

貴「ここから先わぁ、ちょっと楽しみだなぁwww」





裏貴(こいつ何を考えてるの?)





貴「フフフッッwww」





〜翌朝探偵社にて〜



貴「おはようございます」





国木田「おはよう」





貴「アレっ!?私、遅れちゃいましたか?」





太宰「いーや、大丈夫だよ。ただ、私が国木田君に話したいことがあって呼んだだけ」





貴「あぁ、そういう事ですかぁ。ビックリしました」





貴「っていうか、谷崎君とナオミちゃん、それに賢治君もまだ来てないんですか?」





国木田「あぁ、そうなんだよ!あいつらはたるんでる!」





貴「アハハハ…」





国木田「それより、この仕事を頼む」





貴「これは…乱歩さんへのご依頼ですか…」





国木田「あぁ、乱歩さんがいない今、断ろうかとも思ったんだがそれも申し訳ないと思ってな」





貴「それで代わりに私が…」





国木田「あぁ、別に解決できなくてもいい、とにかく現場に行ってくれ」





貴「分かりました、できる限りのことはしてきます」





国木田「頼んだぞ」





貴「はい、行ってきます」






国木田「なぁ太宰、本当にAが怪しいのか?」





太宰「う〜ん、どうだろうね、さっきは勢いで言っちゃったけど国木田君がそう思わないならいいんじゃない?」





国木田「は?どういう意味だ?」





太宰「だから、別に違うんじゃないかってこと」





国木田「じゃあ、さっきの話は何だったんだ?」





太宰「だ〜か〜ら〜……ハァ、もう説明すんのもめんどくさいなぁ、さっきの話忘れて?」





国木田「忘れて?、って言われて忘れられるk (じゃあ私行くから、





国木田「は!?おい待て!…ハァ、いったい何だったんだ…」






太宰(国木田君に言うとめんどくさくなりそうだからはぐらかしたけど、どう考えてもAちゃんは怪しいよね…)





(彼女が来てから、探偵社の社員が次々に居なくなるなんて…)


35話→←33話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (21 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
30人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , バッドエンド , 裏切り   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

細波幸近(プロフ) - 最高に面白いです (4月23日 22時) (レス) id: a768fd0174 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:磨製せっき。 | 作成日時:2018年1月15日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。