占いツクール
検索窓
今日:79 hit、昨日:261 hit、合計:19,767 hit

#96 … ページ16

マサイ「もう、いい加減開けろよ!!」





A「っ…やだ」





シルクの返事も聞かずに家を飛び出して向かった先は、もちろんAの家。






でもAは何度インターホンを慣らしても開ける気配が一行に無い。








マサイ「なぁ、シルクと何があった」





Aが答え易いように、極力優しい声で聞いてみる。







数分たっても返事は無い。







…だったら、仲間として、サブリーダーとして、Aを救い出す。









マサイ「…シルクは『…もう、Aに関わるな』って言ってたけど、Aは何かした?」









A「…何も、してない」







…やっぱり。







マサイ「俺はAを信じるよ。一緒に、この謎を解決しよう」









Aからの返事は無かったが、数分経ってからドアを開けてくれた。

#97 頼もしい仲間→←#95 サブリーダーだから (マサイside)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (49 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
282人がお気に入り
設定キーワード:Fischer's , 恋愛 , フィッシャーズ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:和菓子系女子 | 作成日時:2018年1月6日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。