占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:36 hit、合計:40,312 hit

37 ページ37

川西サイド



漫才はAちゃんが客席にいたということもあって、なんとかいつも通りやれた。



ハア…なんで水田くんにあんなこと言うてもうたんやろ。



『プルルルルプルルルル♪』



机の上のスマホを取ると、



「Aちゃん…」



Aちゃんからだった。



「もしもし」



「もしもし、相楽です。今、大丈夫でしたか?」



「うん、大丈夫やで」



「あの…今夜ママのところで会えたりしませんか?」



今夜か…



「できれば前言ってた友達も連れて行きたいんですけど…」



たぶん今夜Aちゃんの顔見たら、いろんな感情がゴチャゴチャになってわけわからんくなると思う。



「ごめんなあ、今日はむ…」



横からスマホを奪われる。



「行けます!」



「おい、水田!」



勝手なこと言うなや!



「絶対行きます。7時に来てください」



「何言うてくれてるの!?」



スマホを取り返し、水田を睨みつけながら、



「相楽さん、ごめん。今のやつの言うことは聞かんでええから」



「行ってください!ママのお店!」



「うるさいねん!関係ないやろ!」



そのとき楽屋のドアがバンっと開いて、



「水田!賢ちゃん抑えつければええか!」



「おお、頼む濱家!」



「はあ!?」



濱家が僕を抑えつけにやってくる。



お前も水田の味方なのか?



「行ってね!今日の7時やで」



逃げる隙もなく、濱家に押さえつけられる。



「ちょっ、離せや、離せ!」



体のデカイ濱家にはかなうわけもなく、ジタバタしてるだけになっている。



『…あの、大丈夫ですか…?』



「大丈夫やで。賢志郎、格闘技の練習してるだけやから」



なんやその言い訳!



「とにかくお友達も連れて7時にママのお店来てね!」



『…はい…?』



『ピッ♪』



「離せ、離せ!」



「濱家、もういいで。ありがとう」



パッと腕が解放されて、その場に座り込む。



「はあ、水田。お前どういうつもりやねん!」



「断るのは違うと思ったから。それだけ」



「もうほんまやめてえや!それに濱家もなんで水田のいうこと聞いてんの…」



「いや、水田がどうしてもっていうから…まずかった?」



「ハア…」



もう何か言う気力もなく、頭を掻きむしりながらスマホを水田から取り返す。



どうしてくれるねん…

38→←36



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
147人がお気に入り
設定キーワード:和牛 , 川西賢志郎 , 夢主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さら(プロフ) - 黄色パーナさん» コメント、ありがとうございます!毎日更新というわけにはいかないですが、これからも頑張って書いていきますので、よろしくお願いします。 (4月14日 9時) (レス) id: abcbda1e9b (このIDを非表示/違反報告)
黄色パーナ - 愛読しています!更新楽しみにしています(*^▽^*) (4月14日 7時) (レス) id: ceaebda915 (このIDを非表示/違反報告)
あやかちん(プロフ) - さらさん» なるほど……そんなことが… (4月9日 22時) (レス) id: 34fff6315e (このIDを非表示/違反報告)
さら(プロフ) - あやかちんさん» というのも私の母はまなみと名付けたかったそうで。でも、私のおばさんの名前が真由美で、似ていてまぎらわしいからという理由で、結局今の名前になったそうです。(これ、本当です。) (4月9日 21時) (レス) id: abcbda1e9b (このIDを非表示/違反報告)
さら(プロフ) - あやかちんさん» 真奈美ちゃんの作戦は考えました!気に入ってもらえてよかったです。ちなみに私も名前がまなみになっていた可能性があったんです。 (4月9日 21時) (レス) id: abcbda1e9b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さら | 作成日時:2019年3月24日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。