占いツクール
検索窓
今日:124 hit、昨日:215 hit、合計:3,463 hit

微睡んで、醒めた。 偽物 ページ33

ぶくぶく、ぶくぶく。

沈んでいって、何かが詰まって、流れ出す。

ぶくぶく、ぶくぶく。

溢れて、薄れて、また沈んでいく。

ぶくり。

さあ、その目を開けて。


【――生きて!】


「誰っ!?」

体を起き上がらせると、水のような液体が勢いよく撥ねて濡れていた下半身を更に水浸しにする。
ざぱんっと音を立てたそれがあまりにも奇妙だったけれど、私の意識が別のものを警戒せよ、と告げる。
周囲を見渡してみると、そこは闇に覆われていて、穴でもあるかのように思えた。
上を見上げると、空は鈍色に曇り、というより黒に閉ざされたというべきか、夜がそこにあった。

「あたしは……」

そこまで呟いて、やっと気づく。

「誰……?」

コツン。

パチャ。

背後から靴の音と、水たまりを歩く音が聞こえて振り向くと、そこには老婆か、老爺か。
判断のつかぬしわだらけで腰のひん曲がった人物が杖をついてこちらを見つめている。

「お前さん、一人か」

「あなたは?」

そう聞かれてその人物はにたぁ、と微笑みこう告げた。

「たった一人、ここに残ったのじゃ。お前さんはまだ若い。さっさと安全な道へゆきなさい」

と、簡潔な内容の地図とカンテラを手渡される。
それを受け取って、

「おじいさん、ありが――」

礼を言うために前を向くと、そこにはもう誰もいなかった。
奇妙な違和感を感じるも、私の意識は地図を見ろと囁く。
それに従って地図を覗き込むと赤丸で記された場所と、ここからの道を示す線が書かれてあった。
これにも嫌な予感を感じるが、しかしそれ以上に赤丸へ行かねばならない気がしてとりあえず立ち上がる。
なぜなら。

「行かないと、いけない。そこに確かにあたし(本物)がいる……!」

確証はないけれど、そんな事実を忘れている気がしてならないから。

パチャ、パチャ、ぺち、パチャ、ぐちゅ、パチャ。

水たまりとそうでない固められた土の部分を歩く。
先はまだ見えない。

何もやることがない 白雪の鴉亭→←目覚め 暁月



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.2/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
10人がお気に入り
設定キーワード:作者が迷い込む町 , 募集企画 , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Mashiro Lio(プロフ) - 終わりました! (1時間前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
Mashiro Lio(プロフ) - 更新します! (1時間前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新しました!無駄に長いです。すみません。 (8時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新します! (10時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
名無しのチート(プロフ) - おわりました!! (6月15日 10時) (レス) id: 6216eeef7c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:グランディ x他8人 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年6月1日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。