占いツクール
検索窓
今日:105 hit、昨日:215 hit、合計:3,444 hit

わお! 北斗 ページ30

名無しさんの浄化的なのを物陰から覗いていた。見えない誰かと一緒に戦ってたと言うのが分かってただけだった。ハサミ立った気がする…戦いが終わった時、俺には少女が見えていた…名無しさんは

「礼には及ばないよ、コトワリ様」

と言っていたから神様って事を分かった。俺は、クレンをしっかり入れながら

「その女の子って神様ですか」

と聞くと名無しさんはびっくりした感じでこう聞いた

「見えてたの」

「はい」

俺は、あの少女が神様って見えていたことを言うと名無しさんはなんかブツブツ言ってた。その後

「北斗も見える体質か〜」

と言って

「じゃあもう行くからね〜バイバイ〜」

と言って何処かへ行った。うん、ブツブツ言ってたのが気になる。まあそんなこと気にしていたら切りがないので、またぶらぶらしていたらまた誰かに出会った。

「君!迷子かい」

うん、完全アウト。すると迷子君?が

「あたしは彩雲や。迷子じゃ無いわ」

「そうかい。君も迷い混んだものか〜」

「名乗ったんや。そっちも名乗ったら」

それもそや、じゃあ自己紹介やろ〜

「俺は北斗だ此方の猫はクレンだよろしくな」

「よろしく」

そう言えば、この子って能力もってんのかな〜まあ見た目、大蛇何だがな〜

「君は、此処に来て何か変化があった?」

「う〜ん見た目はみてわかるやろ、他は知らん」

この子は俺と一緒かな?その、まだ能力が知らない子。ならまずは

「屋敷に行こうか!彩雲ちゃん後、俺のことは北斗で良いよ」

「屋敷って何処」

「あのでっかいの」

って言うと彩雲ちゃんは、びっくりしてたかな?まあ驚いてたと思う。まあ大きいよね〜びっくりしたもん俺も、でも良いところって知ってるから大丈夫。絶対

「さあ、行こうか!彩雲ちゃん」

そう言って俺達は屋敷に向かっていった

ーー
今回は名無しさんと彩雲さんを使いました!
変でしたら変えても良いです!

管理者(仮)グランディ→←どこやねん 彩雲



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.2/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
10人がお気に入り
設定キーワード:作者が迷い込む町 , 募集企画 , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Mashiro Lio(プロフ) - 終わりました! (30分前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
Mashiro Lio(プロフ) - 更新します! (38分前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新しました!無駄に長いです。すみません。 (8時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新します! (9時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
名無しのチート(プロフ) - おわりました!! (6月15日 10時) (レス) id: 6216eeef7c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:グランディ x他8人 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年6月1日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。