占いツクール
検索窓
今日:95 hit、昨日:215 hit、合計:3,434 hit

有力な情報 真白 里桜 ページ24






あたしが驚いてる間に、さっきの人は、さっさと帰ってしまっていた。



「えー北斗さん、どうするー? …………って、いないし!!」





なんか、北斗さんも帰っちゃった。



とりあえず、能力の練習しよう。





まず、ここは常闇の町。明かりがあった方がいい。



落ち葉を1枚拾うと、熱エネルギーをイメージする。

すると、落ち葉が手の上で、ほわり、と燃えた。そこに、少しずつ位置エネルギーを加える。すると、それは、あたしの手を基準面として、ふよふよと浮き上がった。


「おー、便利だなこの能力」


じゃあ、次は…………空でも飛ぶか!


足の裏から、運動エネルギーが出てくるのをイメージする。









…………しーん。



え!? 何それひどくない…………?


足の裏が駄目なら…………落ち葉が燃え尽きたし、目元に光エネルギー!









…………しーん。


これも駄目!?


…………じゃ、じゃあ、ちょっと熱いけど、全身で熱エネルギー!









…………両手の平だけが温かくなりました。





って、つまり、能力使えるのって両手の平だけかーい!!



何この1人ツッコミ劇場…………って思ったけど、まあ能力の詳細わかったし、使えるからいいや! と無理矢理に自己完結しておく。


あとは、空手の形を練習して、屋敷に戻った。




ーーーーー




屋敷へ戻ると、いつの間にかホワイトボードが壁にかかっていた。

しかも、そこには


《皆様、図書館に占ツクの作品がありました。場所が知りたい人は有にお聞き下さい》


と書いてある。



…………にゃ、にゃんだってえええぇぇ!?





とりあえず、聞くしかない! 有さんのお部屋どこ!?

…………あ! ちょうどいい所にグランディさん来た!



ガバッと飛びつくと、グランディさんはぎょっとした。


「グランディイイイさあああぁぁん!!」

「ちょ、うるさい! マシロちゃんうるさい! で、どうしたの?」

「有さんのお部屋ってどこ!?」

「あー、有ちゃんの部屋ね」


グランディさんは親切に教えてくれた。

管理人だし、優しいし、やっぱ、持つべきものはグランディさんだね!



とにかく、あたしは教えてもらった有さんのお部屋へ行く。

そして、たどり着くなり、すごい勢いで扉をノックした。







ところが、反応は無い。





もう1回ノックするか、と構えた、そのとき。



あたしの後ろに、誰かが現れた。









振り向くと、そこにいたのは────

浄化と裁ち鋏 【名無しのチート】→←感動 有



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.2/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
10人がお気に入り
設定キーワード:作者が迷い込む町 , 募集企画 , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Mashiro Lio(プロフ) - 終わりました! (18分前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
Mashiro Lio(プロフ) - 更新します! (26分前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新しました!無駄に長いです。すみません。 (8時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新します! (9時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
名無しのチート(プロフ) - おわりました!! (6月15日 10時) (レス) id: 6216eeef7c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:グランディ x他8人 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年6月1日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。