占いツクール
検索窓
今日:104 hit、昨日:215 hit、合計:3,443 hit

あたしの能力・確定版 真白 里桜 ページ13







食堂を飛び出したあたしは、朝ごはんを食べることを諦めた。



だって! 食堂に戻ったら絶対卵の匂いがするんだもんっ!!




ーーーーー




とりあえず、森に突撃したら、広い場所に出てきた。

ここなら、さっきの「能力」とかいうやつを試してもいいんじゃないかな。





「ん〜、そりゃっ!」





両手を地面に向かって突き出す。

出てくるイメージは、運動エネルギー。









────ドカーンッ!!!!





「ぎゃあああっ!?」




すごい音がして、地面が大きく抉れた。
それどころじゃなく、あたし自身もふわりと浮く。
え、威力やばくない!? あたし、すごい能力手に入れちゃった!?



じゃ、じゃあ、他のエネルギーも試せるかな。





「…………熱エネルギーっ!」





足元の落ち葉に両手をかざす。すると────







────ゴォッ





落ち葉が大炎上した。





「うにゃああぁぁ!! やばい、ど、どうしよ!?」





とりあえず熱エネルギー吸収できない!?



また両手をかざして、今度は熱エネルギーを吸収するイメージをする。









──────落ち葉の火が、一瞬にして消えた。







「────よ、よかったぁ…………!」



危うく、大火事起こすとこだった…………。吸収できてよかった…………!


じゃ、じゃあ、あと3つやったら止めようかな…………。位置と光、音だけ。


位置エネルギーをイメージすると、あたしの体が宙に浮いた。そのまま、ふよふよと上空へ昇っていく。







─────ギュイン


「ぎゃあああぁぁ!?」


突然、体が猛スピードで上に引っ張られた。


「え、止まんない止まんない止まんないこら止まれー!!」


すると、すごい勢いで上昇してたのが、ぴたりと止まった。
…………止まったのはいいけど、こんな高い所からどうやって降りよう。







位置エネルギーを吸収してふよふよと降りながら、あたしは、この能力の危険さを実感していた。

エネルギーと一口に言っても、様々な種類がある。中には、核エネルギーみたいな、めちゃくちゃ危険なものも存在するのだ。

今、こんな制御もめちゃくちゃな状態でそういった危険な種類を使ってしまえば、最悪の場合、怪夜町全体を吹き飛ばしかねない(全体の面積知らないから、できるかわからないけど)。




結論

 ・エネルギーを自由に放出・吸収できる

 ・エネルギーの種類は不問



つまり、超便利かつ、ミスると命取りな能力ってことだ。

弟と思い出 真白 里桜→←初戦闘。物理学者降臨せり。 白雪の鴉亭



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.2/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
10人がお気に入り
設定キーワード:作者が迷い込む町 , 募集企画 , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Mashiro Lio(プロフ) - 終わりました! (30分前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
Mashiro Lio(プロフ) - 更新します! (38分前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新しました!無駄に長いです。すみません。 (8時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新します! (9時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
名無しのチート(プロフ) - おわりました!! (6月15日 10時) (レス) id: 6216eeef7c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:グランディ x他8人 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年6月1日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。