占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:61 hit、合計:16,633 hit

願い 24 ページ25

次の日、一通りの検査を終えたAは帰ることができるらしい。もう筋肉は普通に動くし家で落ち着きたいと駄々をこねている。坂本も困り顔だ。

「それじゃあ、少しでも身体に変なことが起きたらすぐに病院に来るんだよ。入院はさせないから検査だけでも受けに来てくれ」

「分かってますよ。ありがとうございました」

病院でもらった資料が入っている封筒と袋を片手に、Aは坂本が呼んでくれたタクシーに乗って帰る。

家の鍵は閉まっていた。そう言えば坂本が何か言っていた気がするな。まぁいいか。
鍵を開けるといつも通り、物が少なくて生活感のない部屋がお出迎えだ。今日一日料理を作るのが面倒くさくて途中でコンビニに寄ってもらい夕飯を買ってきた。なのでお風呂以外することがない。

「……つかれた」

Aは帰ってすぐベッドに倒れ込んだ。病院は何故こんなに気疲れするのだろうか。1日泊まっても疲れが取れないとは何なんだ。

「俺はとても楽しかったぞ!病院には色んな部屋があって驚いた。すごかったのは手術室でな!俺が入った時はまさにメスで寝てる奴の腹を―――――」

「やめてよ、そういうの嫌いなんだから」

倒れた状態のままジトっと悪魔を睨むと、彼は肩をすくませ話を止めた。ホラーはいいのに血が出るものは駄目なのか。基準がよく分からないが、追及するとあしらわれそうだ。やめておこう。

「そうそう、この袋は何だ?俺、ずっと気になっていたんだが」

オルバは袋を覗く。触れないので何の袋なのかが分からない。
これは坂本が帰りにAに持たせたものだ。何て言っていたかな、確か……「倒れているのを見つけてくれたお隣さんに渡すんだよ。あの時はありがとうございました、助かりましたとお礼の言葉を告げるのを忘れずにね」。思い出したAは布団に顔を埋めた。

「行きたくない……」

「Aを見つけてくれたお隣さんは良い奴だぞ」

オルバは壁を通り抜けてたまに観察しているらしい。やめてやれよ。

お隣さんとか、両親とともにここへ引っ越した時に会話した記憶しかない。町内会の回覧板はいつもお隣さんに立てかけておくし、そもそもAは外に出ないので会話する機会が無い。

〔ピンポーン〕

最近仕事をさせていないインターフォンが鳴った。誰だろう。
のそのそと起き上がり玄関へ行く。ガチャ、と開けると目の前には男性がいた。

「あ、良かった。帰ってきてたんですね」

右に流した前髪が特徴的な彼は、噂のお隣さんだ。

願い 25→←願い 23



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (60 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
63人がお気に入り
設定キーワード:悪魔 , 病弱 , BL , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

埋夜冬(プロフ) - 希羽(  ̄▽ ̄)さん» うわぁぁぁありがとうございます!!嬉しいです!お読み下さりありがとうございました! (4月1日 14時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)
希羽(  ̄▽ ̄) - めっちゃ良かったです…! (4月1日 14時) (レス) id: a63dca5f86 (このIDを非表示/違反報告)
埋夜冬(プロフ) - こばねさん» ありがとうございます!予想しながら読んでいただけましたか!そして予想外でした!?計画通りです!最後までお読み下さりありがとうございました! (3月25日 9時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)
こばね - めちゃくちゃに感動しました… 予想しながら読んだら全部ハズレ、まぁ予想外の展開がとても面白い作品なのですが(笑) (3月25日 5時) (レス) id: a8fdbc597a (このIDを非表示/違反報告)
埋夜冬(プロフ) - あいかさん» ありがとうございます!このお話は泣かせたかったので、泣いてくださったなら計画通りです!お読み下さりありがとうございました! (3月22日 1時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:埋夜冬 | 作成日時:2019年12月7日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。