占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:4,217 hit

ページ6

保健室に着いてから、また熱が上がったのか

視界がぐらぐらと揺れて、ぼやける。


「38.7度だって。

よくこんなになるまで授業出ようとしたね」


トウマが呆れてしまうのも無理はない。

実際自分だって呆れているのだから。


「ご、ごめん······」


もぞもぞと保健室のベッドに潜ると、トウマがくすっと笑った。

チャイムが鳴ると、保健室を出ていった。


保健の先生は、出張で昼から居なかったらしい。


一人ということを知ってしまうと、熱のせいだか何なのか知らないけど

妙に寂しくなる。



あと二時限で授業は終わるけれど、寝ようにも寝れないこの時間が

早く過ぎてしまえば良いのに、と


何も悪くない時計を軽く睨んだ。

·


·


·


終礼が終わったのか、バタバタと靴の音が保健室にまで響いた。

その大きな音は、風邪を引いている私には煩くにしか聞こえない。


そんな音が過ぎ去った後、ガラッとドアが開く音がした。


「ん、トウマ······?」

「今から帰るけど、起きれる?」


足に力を入れて、立ち上がると、やっぱりふらふらする。

平衡感覚も可笑しくなっているのか、ちゃんと立っている筈なのに

ぐらりと体が傾き、手に冷たい感覚がした。



正直、目を開けたくないと思いながらも、少し開けると

焦ったトウマの顔が見えた。



「___!___······っ」






何で泣きそうな顔をしているんだろう。



熱で使い物にならない頭で考える前に、意識がとんだ。

3→←風邪引き 1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
9人がお気に入り
設定キーワード:妖怪ウォッチ , シャドウサイド
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Kaede | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2018年12月21日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。